読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

おことばですが、魔法医さま。 ~異世界の医療は問題が多すぎて、メスを入れざるを得ませんでした

おことばですが、魔法医さま。 ?異世界の医療は問題が多すぎて、メスを入れざるを得ませんでした?<おことばですが、魔法医さま。> (電撃文庫)

《あらすじ》
優秀な医学生の伊坂練次郎が召喚された世界…そこは回復魔法が正統な医療として発展した異世界だった。魔法医の少女コーディによる魔法治療を目にした伊坂は、それが内科的な病気にあまり効果がないことに気づく。ならば!と現代知識を活かして病に苦しむ人たちを診て回るが、それを知ったコーディはなぜかプンスカ怒りだし―??「魔法こそ唯一絶対の医療なんです!あなたの言うカガク?なんて認められません!」自らの医療魔法に絶対の自信をもつ少女と、現代医療に全幅の信頼を置く青年。二人の出会いが異世界医療に衝撃を刻む!!

魔法の力によって外傷や病をたちどころに治してしまう“回復魔法”に現代が育んできた医学的観点からツッコミを入れまくる異世界ファンタジー作品。『回復魔法で風邪の症状を抑えるのに効果はあるけれど、体内から原因となる細菌やウイルスは排除されているのか?』など、“回復魔法”の固定概念がドンドンぶっ壊されていって、回復魔法が全てと信じて疑わない異世界人の認識を根底から覆している光景が滑稽に思えてくる。

現代で医療を専行している主人公なだけに化学の分野においても造詣が深く、異世界に存在する素材を駆使してその場で医薬品を製造したり試薬として用いている劇物の硫酸&硝酸を武器に戦ったり、医学生の持ち寄る知識の粋を尽くしたケミカル攻めが炸裂していて面白かったです。

最後の山場には現代でも猛威を振るう強敵ともいえる病かつ、異世界で初めてとなる病原体と対面することになっていて、現代ほどの設備が整っていて異世界でどうやって窮地を脱するのか緊張の展開を、異世界の魔法と現代の医学でどう乗り切るのか。手に汗握るシーンは夢中になってページをめくる面白さがあって最高でした。