働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

夜空ノ一振り 2

f:id:murabito1104:20170410231549j:plain

《あらすじ》
憧れの剣士になれた黒野刀禍だが、それは精霊・夜空の力でしかないと自覚していた。ある時、彼の目の前で新形の妖怪“ねくら”が同僚の姫野を異世界へと連れ去る。剣士達にとって仲間の犠牲は日常茶飯事、という様子に刀禍は違和感を抱き、なんとしても“ねくら”を倒すと強く誓うのだった。だが再び“ねくら”の犠牲者が出る。なんとそれは刀禍の相棒、夜空――。相棒を失い絶望する刀禍は、別の精霊と再契約など考えられず葛藤する。そんな彼を煽るように、“ねくら”は姫野の姿をして現れた。なぜ姫野の姿なのか、妖怪たちの真の目的とは!? 幼馴染みの音桜、学院のころからの友人・勇美、そして先輩剣士の隼人と共に妖怪討伐へと向かう!!

精霊の力で手に入れた仮初めの剣技で憧れの剣士にたどり着いた主人公が抱えている苦悩、最強の精霊の指導で成長を続ける日常、泥臭く最弱×最強の道をかけ上がっていくバトルアクションが繰り広げる激闘がこの上なく熱い!!

“精霊”が契約者へもたらす恩恵は人それぞれでレパートリーに富むが、主人公の黒野刀禍と精霊の夜空が魅せる剣技に全てを注いだ戦闘スタイルは、人体を極限まで駆使した剣技に躍動感が溢れていて、見せ場でもあるバトルシーンは最高に面白い。

また、刀禍が同じ剣士である音桜へストレートに思いの丈をぶつけるアプローチを仕掛ける光景と、それに対する音桜のにべもないリアクションには、絶妙な距離感にある好意の表れが見受けられてすごく気持ちがいい。

新人賞受賞の流れから待ち望んだ第2巻ではあったけど、可能であればこれから先の物語も見続けたい作品です。