働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

デボネア・リアル・エステート 3 傭兵は勇者となり、地上げ屋たちは浮遊城を堕とす。

デボネア・リアル・エステート 3 傭兵は勇者となり、地上げ屋たちは浮遊城を堕とす。 (GA文庫)

《あらすじ》
「なんだかミーのところ最近仕事を取られることが増えてきちゃって~」
【踊る宝石】ことテリー・スタンザがそうぼやいた。
「天下のスタンザ商会を凌いでるってのはどこのどいつなんだよ」
「とらいあんふ? とかいう聞いたことない連中だよ、新興地上げ屋みたい」――【完全な勝利者】。
それは数年前に突如現れ、旗揚げ時より連戦無敗という超有名傭兵団だ。なぜ彼らが地上げ屋家業を!?
新興チームにお株を奪われた形のデボネア達だったが、お伽噺と思われていた〝原初の鎮守精霊〟の話を聞き及び、俄然攻略すべく立ち上がるのだが、果たして――。最強地上げ屋チーム、得物ゲットなるか!?

双剣の餓狼”の異名をもつルーウィンとデボネアの前に立ちはだかる最強の新興地上げ屋。同じ獲物を目指す同業者同士、必然的に同じ土地で合間見るなか、強者が醸し出すオーラや覇気などのキャラクターの印象を強固にする描写も上手い。
ルーウィンが戦場で鍛え上げた危険に対する嗅覚が容赦なく鳴らす危険信号。直接戦う場面はなくともバトル要素のある作品の魅力を引き立てる緊迫感のある展開で、全力のルーウィンと1対1で戦ったときの勝敗の行く末が気になるとともに目の前の強敵が今後どう物語に絡んでくるのか興味を掻き立ててくれる。
ルーウィン×デボネアのコンビの掛け合いもデビュー当時の頃から全く変わることのない安定したクオリティで、デボネアに奴隷のごとくこき使うドSぶりと、それに従順に従うルーウィンとの間にある独特の関係。そして、ルーウィンの側によってくる女を目撃したときにデボネアが放つ致死性の魔術を使ったキレ芸が、ファンタジー風ツンデレヒロインに昇華されていてこの上なく痛快。
ルーウィンに向けるヒロインのアプローチの手段もなかなかに熱烈なものが多く、お互いの距離感を数段階すっ飛ばすくらい過激なヒロインの行動が一瞬でデボネアの怒りスイッチに触れて波乱の展開を巻き起こしていて、それがまた面白くてしょうがない。
イラストを担当されている柴乃さんの描くキャラクターが魅力的なのはもちろんだけど、それをさらに引き立てる物語の存在がよりデボネアのキャラを魅力的にしてくれるので、個人的にはこの作品は凄く大好きです。

GA文庫新人賞からの作品のなかでは自分の中ではトップクラスに面白い作品だと断言できるので、興味のある人はぜひ読んでみてください。