働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

弱キャラ友崎くん Lv.3

弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
怒濤の一学期が終わり、夏休み。薄々予想はしていたが、日南は俺に“休み”を与える気は一切ないらしい。「まあ簡単に説明するとね、優鈴と中村をくっつけようって合宿なのよ」…BBQからの川遊びからの男女お泊まり。まあ、リア充を絵に描いたようなイベントだなと思う。問題はただひとつ。そこに俺も参加するということである。なにこの圧倒的違和感。さらに菊池さんとのデートが実現、日南からは『この夏のうちに付き合うこと』を命じられ―?俺の夏休み、どうなっちゃうの!?弱キャラが挑む人生攻略ラブコメ第3弾!

このライトノベルがすごい 2017でトップクラスの人気をほこる作品なだけに3巻も圧倒的な面白さ。これでアニメ化まで決定したらさらに人気が大爆発すること間違いなしだな!!

友崎くんのレベルに比例して飛躍的にコミュニケーションスキルが上昇している事実が、彼の交友関係の広がりと菊池さんとのふたりきりのデートの一件で決定的に物語ってる。
まだまだ日南さんの指導による矯正で会話が成り立っている部分も多々あるけれど、友崎くんがソロ活動時に積極的にコミュニケーションを意識的にとるようにして自分から交友関係を広げていることから彼の成長がよくわかる。むしろ、かつての陰キャラ根暗オタクから世間で言うリア充にまで進化している気がするのだが。クラス内ヒエラルキートップのメンバーと同じ時間を共有する……うん、間違いなくリア充だ。

この作品を読めば、相手と円滑で上手なコミュニケーションをとるためのいろはとコミュニケーションで失敗したときを実演・解説付きで記載されているので、今すぐリア充になりたい人には必見の一冊。
人前では見せない地味なトレーニングから実戦形式でコミュニケーションをとる相手から好印象を受けるための必須テクニックまで網羅されている。もしかしたら、「僕は、弱キャラ友崎くんを読んでリア充になりました!!」なんて少年少女がいつの日か現れるかもしれませんね(笑)

そんな友崎くんのコミュニケーション上達のための特訓の日々ですか、並行して『菊池さんとのプライベート』も非常に充実していて、「もう菊池さんと付き合っちゃえよ!!」「菊池さんが(表紙イラストも含め)天使過ぎる!!」十分なリア充な青春を飾っています。
菊池さんの一挙手一投足の全てが洗練されていて、友崎くんと仲良く会話をする光景もそうですがシリーズを重ねるごとに可愛くなってきていて悶え死にしそう、

シリーズも3巻まで物語は進んだが、どの巻も『このライトノベルがすごい 2017』に君臨した作品の名はだてじゃない。