働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

暗黒騎士を脱がさないで5 ♯エリー ♯いもけんぴ ♯枕びしょびしょ罪

暗黒騎士を脱がさないで5 ♯エリー ♯いもけんぴ ♯枕びしょびしょ罪 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
故郷・帝国の王の殺害容疑をかけられた暗黒騎士さん(ヒロイン)。攻め入る帝国の暗黒騎士(敵)の軍勢に対抗しようと、啓治たちは複製した暗黒騎士さんの鎧を着込み、大量発生させた暗黒騎士さん(?)で敵を欺く作戦を実行することに―。エリーとノイエが鎧を交換したり、暗黒騎士が暗黒騎士の面接をしたりと、ドタバタ敵味方の暗黒騎士が入り乱れる大混戦の中、遂に暗黒騎士さんが啓治の前で兜を脱ぐ瞬間が訪れ―「え…エリー?」「すまない。私は、ずっとずっと…嘘を吐いていたのだ」…え、これどうなっちゃうんですか?お茶の間系ブラックナイツラブコメ、まさかの本気展開!?

暗黒騎士の正体がついに啓治の目の前で明らかにされる。エリーと啓治のすれ違いによる届きそうで届かないお互いの想い。そんなもどかしくもむずがゆい二人の距離感をまざまざと見せつけられてきただけに、最終巻にしてとうとうこの二人の関係にひとつの結末を迎えたことが何よりもスッキリした。
恋愛方面のエピソードは思い出すかぎりではほとんどなかったけれど、家にフラッとやってきて啓治の部屋でくつろぐエリーにドギマギする光景や、天然気味のエリーが度々見せる無自覚なエロいしぐさ。二人の距離感を縮めさせる直接のイベントは少ないけれど、こまごまとした場面でラブコメ風に慣れ合う姿にはいつもほっこりさせられました。

ギャグ推しで攻めてきたときは『ここまで笑いを取りにきて心の底から笑わせられたのははじめて!』と断言できるくらいに面白かった。本文中で魅せるキャラクターのセリフのワードチョイスも笑いのツボがバンバン刺激されるのはもちろんのこと、イラストレーターの“有葉”さんのモノクロイラストがコミカルな場面の演出をアシストしていて余計に面白くて凄く楽しめました。
カラーとモノクロの両方ともイラストのクオリティが抜群に高く、細かい部分まで丁寧に描かれていて、先日の絵師100人展同様に圧巻されました。

暗黒騎士シリーズはいつも楽しみにしていた作品なだけに完結したことが寂しく感じられますが、木村心一先生のさらなる活躍に期待して次回作も楽しみにしていきたいと思います。