読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「ねえ、クー。ちょっとあたしと結婚してくれないかな?」ロゼッティのクーファへの電撃的な求婚以来、恋人のように振る舞う二人に気が気でないメリダ。折しも、ロゼッティの故郷へと実地研修に赴くことになるのだが、そこは闇に閉ざされた夜界もほど近い、地底都市。メリダたちの来訪とともに、血塗られた秘密が解き放たれたかのように、次々と惨劇が起こる。「ロゼッティが―死んだ」ついに毒牙はロゼッティにまで伸び、犯人の容疑をかけられたクーファは姿を消して…。「お嬢さま。これからあなたの記憶を凍結します」深淵の街で、暗殺教師は少女の眼差しから背を向ける―。

デビューから勢いが止まることなく刊行し続けて安定したクオリティを保ってきたこの作品も、5巻を迎えるまで走り続けてこれたことが何よりも喜ばしい。従者の少年と主の少女という距離感が醸し出す繊細な恋愛感情を描きつつ、王道なファンタジー路線で幾度となく窮地に展開とそこからの逆転劇を目の当たりにしてきたけれど、いつもハラハラさせられる。
ロゼッティからクーファへの求婚がメインヒロインのポジションにいるはずのメリダを飲み込む勢いで一挙にしてメインヒロインの座に頭角を現してきた。もっとも、以前からキャラクターの容姿も性格もクーファとの掛け合いも込みして、ロゼッティ=メインヒロインとして優勢だったので、クーファとロゼッティの関係性を強固にする物語は個人的には万々歳。