読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 7

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術7 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
レムの中に残る魔王の魂を消す儀式魔術が、ダークエルフに伝わっているという。個人的な問題だからと一人で向かおうとする彼女に、ディアヴロは同行を提案してやる。もちろんレムが心配だからだ。(ゲームの設定の『ダークエルフは爆乳』は関係ないですよ…?)しかし、ダークエルフたちは過去の惨劇ゆえ、他種族に敵対心を持っていた。弓を向けられ、ディアヴロは戦いを覚悟する。「貴様らの恨み辛みなど知ったことではない。我に従うがいい!」一方、シェラは王女としてエルフの男性と結婚させられることに!?極大魔術でエルフの王国を転覆させる!?やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む冒険譚、第七幕!

絶対的強者の風格を醸し出す演出なのか、あいかわらずレムやシェラがディアヴロに向ける肌色率と密着度の高いアプローチが効いてる。異世界独特の服飾文化もあるため、基本的に露出度の高い衣装が多いのもあるけれど、ほぼほぼ全裸なおかげでヘタレ主人公のディアヴロにとっては内心平穏でいられない状況。そんな危機的状況に陥っているなかでディアヴロ、レム、シェラが見せる修羅場にならないハーレム感がストレートに気持ちがよくていつも楽しませてもらっています。

かつてゲームの世界としてプレイしていたときの基準で言うところの“最強”のステータスをもって君臨していたディアヴロも、仲間を増やしたことにより自然な流れで命の危機に瀕するシチュエーションの土台を作り上げていくので、“最強”の力をもったディアヴロの能力に対して適度に縛った状態で『異世界×チート』な展開を楽しめる作品。

チート級の力をもつディアヴロの目の前に徐々に対処しきれない強敵も登場してきて、『ゲームの世界だった異世界』という点を活かしつつどうやってこの物語を面白く調理していくのかが非常に楽しみにです。