働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!【電子特典付き】<ぼくたちのリメイク> (MF文庫J)

《あらすじ》
僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた!?落ちたはずの大学に受かっていて憧れの芸大ライフ、さらにはシェアハウスで男女四人の共同生活と突如、バラ色の毎日に!ここから僕の人生を作り直すんだ―後の超有名クリエイター(の卵)と共に送る新生活がいま始まる!と、意気揚々と始めてみたもののそんなにうまくはいかないみたいで…。木緒なち×えれっとの超強力タッグによる、青春リメイクストーリー!

十年前に戻って超有名クリエイターの卵である同級生たちと共に送る生活のなかで、身近な同世代のクリエイターたちが放つ暴力的な才能の片鱗と作品にかける並外れた情熱、そんな激流にさらされる主人公の心境とお互いに切磋琢磨する光景が詳細に描かれている至高のクリエイター業界ラノベ
将来は憧れの業界でクリエイターとして活躍するために芸術大学に入学する主人公たち。そんな彼らの目指す業界の専門的な知識を身に付けるための大学での講義の内容も簡易的な演出やクリエイターの心構え、ガイダンス的なものに留められているので、ストレスもなくわかりやすい内容なために読みやすかったです。
多種多様な職種が存在するクリエイター業界なだけに各分野に造詣の深いキャラクターも存在するだけに、専門性の高い要素を含んだ物語になるけれど、その点もかみ砕いて丁寧に描かれているので全く気にせず物語の世界に没頭することができました。

そんなクリエイターたちの熱い努力を描いた物語のなかにも、同じ業界人ならではの生々しい体験談(真偽は不明)がいくつか飛び交っていて、妙な生々しさが感じられる。そのため、等身大の日常を描いた主人公たちの世界のリアリティをさらに引き上げる一因になっていて、物語の世界にのめり込む面白さがある。

これまでにラノベ業界などの数々の業界ものラノベを目にしていたけれど、間違いなく五指に入る面白さがあったことは断言できる作品なので、是非読んでみてください。