働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦

境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦 (MF文庫J)

《あらすじ》
“水葬の王”鳴海滝徳と乙姫に勝利し、“王”としての第一歩を踏み出した怜生。多忙な日々を送る彼の元に、一文字卿から送り込まれた護衛は、この世で最も嫌いな女性―武芸の師、切花白羽だった。彼女に常時護衛されながら、編入した神霊学部で“王”としての基礎を学び、学友達と過ごし、束の間の安息を満喫する怜生。しかし、敵は既に背後に迫っていた。偶然か運命か、敵も医療魔術師。そして…「私の名はレオ―レオ・フランケンシュタインだ」最強・最速・極悪の三拍子揃った凄絶過激な魔王の狂宴、恐怖と悲哀が綴る第二幕。輝く覇道を歩む者と、悪辣な外道を強いられた者。二人の「レオ」が激突する―!

王としての覇道を突き進み始めた怜生と敵対する王の登場。傭兵結社を生業にする実家との間に生じる確執。若くして新たな王として覚醒した怜生が放つ圧倒的存在感。凡人では到底たどり着けない思想を掲げる王としての威厳。覇道ファンタジーとしては、キャラクターの個性を強調する肉付けがしっかりされているため、独創的な物語りが展開されていくので非常に面白い作品です。

王 VS 王がもたらす破格のスケールでの異能力バトルは、お互いのやりたいことを貫くために目の前の敵を打ち滅ぼす。そんな意地とプライドが主人公や敵となった王強烈に出ていて、より覇道ファンタジーとしての一面を際立たせる物語になっていました。