働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮1. 冒険者世界も不景気です

世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮1. 冒険者世界も不景気です (MF文庫J)

《あらすじ》
迷宮の魔物を狩り、資源を得ることで発展した『冒険者の国』ローゼンガルド帝国。しかし、安価で手軽な蘇生魔法の開発、Lvに応じた適切な狩り場案内。効率的な迷宮攻略は冒険者を激増させ、魔物を激減させた。魔物が枯渇すれば経済的破綻は間違いない。この危機に1人の新米騎士と3人の人間的にはダメすぎる天才が集められた!「ほんっとうに、このPT、なんで、こんなひとばっかりなんですかあああああ!」新米騎士・ティルムは、冒険者ギルド、商人組合、神殿連盟を代表する一方で人としては問題しかない3人の天才達をまとめあげ『人工迷宮計画』を成功させることができるのか?これは世界の危機に立ち向かうPTの、ダンジョンと日常の物語である。

『世界の危機』をテーマに物語を広げていく著者の数々の作品のなかでも、キャラクターの引き立たせ方とコミカルなツッコミの応酬、そしてファンタジー作品の世界観にある共通概念に一捻りを加えた展開、どれもレベルが高くて素晴らしい作品でした。
作者買いするレベルで追い続けていることもあり、『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』や『バロックナイト』、比較的最近だと『前略、英雄候補は強くなるためにセンセイと××します』も読んでいたけれど、どれも総じてキャラクター同士の掛け合いが際立って面白い。
読了後しばらくの期間を隔てて「こんな作品だった」と印象付くようなものよりも、手堅くファンタジー路線を走りつつ安定した面白さのあるタイプの作品だと思います。

イラストレーターの描き上げた挿絵のクオリティも高くて、キャラクターの装備を身に包んだ姿がメインキャラ全員分丁寧に描かれていて、金属製装備のメタリックな感じや武器の装飾に至るまで細かく楽しませてもらいました。物語の流れをページを挟んで挿絵に起こして、コミカルな雰囲気を漂わせる細工やキャラクターの動きが数多くあり、とても楽しむことができました。