働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。

※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。 (MF文庫J)

《あらすじ》
巳月紘には、こいつのためなら死んでもいいと思える妹・唯々羽がいる。朝は二人でご飯を食べて仕事と学校に向かう。どんな残業地獄でも、笑顔の唯々羽の「おかえり」の一言に救われ、早く帰れた夜にはその髪を梳いたりもする。―だが、巳月兄妹には誰にも言えない秘密があった。実は唯々羽は(売れない)ラノベ作家で、紘はその担当編集なのだ!「このままだと、編集者さんが代わっちゃうかもしれないから。わたしはおにぃちゃんじゃなきゃ、やなの」妹を売れっ子作家にするために、紘は今日も唯々羽を膝に乗せて執筆を手伝う。時には頭を撫でて褒めてやり、一緒のお風呂で癒やし癒やされたり。でも、唯々羽が書くのは迷走したトンデモ小説ばかりで…!?

ライトノベル作家の妹と編集者の兄が新作にかける情熱、イラストレーターやデザイナーなどの多くの人の協力のもとで世に送り出した作品が作者の手を離れて流れに身を任せる心境。そんななかでの不安や緊張、そしてどれだけ満足のいく良い作品を書いても売り上げが振るわなかったときの残酷な未来が克明に描かれていて、読んでいてとにかく心に響く内容でした。

最近になって徐々に増えつつある『ライトノベル業界ものライトノベル』のなかでも、ライトノベル業界の生々しい現状を強調して読者の関心を引いて釘付けにするタイプや、さらに視野を広げてコミカライズやドラマCDやアニメ化などにまで触れるタイプなど様々なものがあります。そのなかでも、この作品は、まだ誰も開拓していないであろう(自分の知る限りでは)某ライトノベル人気投票雑誌を起点に物語を広げている部分が強烈に記憶に残っていて、ライトノベル業界ものの新たな可能性が見ることができて凄く新鮮な感覚で楽しめました。
そこに目を付け、さらに物語として昇華させる技術には恐れ入りました。感激しました。

二人が生み出した新作がたどった結末を目にしたときには、努力が報われたときの感動が押し寄せてきた。是非ともこの作品も同じように、世の多くの人の手にわたってほしいです。