働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

パンツあたためますか?

パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
ある日俺が家に帰ると、見知らぬ美少女がパンツを握りしめていた―俺のパンツを。「わたしは、別に怪しい者ではないんです!」「じゃあなんで俺の家でパンツ漁ってんだよ」北原真央と名乗る彼女との出会い以降、憧れの桃花先輩からデートに誘われたり、初恋の人・伊藤と再会したり。曇天極まる俺の青春に光が差し始めた…はずなのに、なんでいつも傍にいるのは真央、お前なんだよ。第22回スニーカー大賞“優秀賞”受賞作!

部屋に忍び込んでパンツをあさるストーカーで、睡眠薬入りの飲み物を仕込み、文字数制限ギリギリまで書き綴った長文メールを毎日送りつける……美少女ヒロイン!! こんな可愛いストーカーがいてたまるかよ!!
主人公への好感度MMAXで、頼めば何でもやらせてくれる(主人公はヘタレなので何も起きません)変態とエロといえばスニーカー文庫!!
しかし、これだけの属性過多な美少女を擁しておきながら、その本質はノスタルジック青春劇で、デビューするレーベルを間違えたんじゃないかと思うほど。どんな結末を迎えるのがベストだったのかがわからなくなってくる。

スニーカー大賞優秀賞作品として選び抜かれただけに面白さの担保はあり、奇抜なタイトルと強烈なインパクトで目を引きつつ期待を良い意味で裏切らないぶっ飛んだ内容で、販売スタイルとしても手に取りたくなる購買意欲を刺激されて素晴らしかったと思いますう。