働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

緋弾のアリアXXV 羅馬の軍神星

緋弾のアリアXXV 羅馬の軍神星 (MF文庫J)

《あらすじ》
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。“可能を不可能にする女”ネモ達『N』は、世界を分断と戦乱の暗黒時代に戻そうと企み、その魔手は既に人類を蝕みつつある。ネモとNのリーダー・モリアーティ教授の戦力によって、シャーロック、ベレッタは斃れた。新しく生まれ変わった拳銃に怒りの弾を込め、キンジは未来を取り戻すためアリアと永遠の都ローマに立つ!大スケールアクション&ラブコメディー第25弾!

世界各地を転々と渡り歩き死線を潜り抜けた後にはこぶいち神が描き残した現地妻の美少女が取り残される。“緋弾のアリア”の世界に存在する強者の層の底が深すぎて、歴史や空想の世界の人物たちが常に強敵として立ちはだかり、そのたびに超人的の絶技が披露される大スケールアクションを繰り広げている。
それに伴いキンジの若者の人間離れが急速に進んでいき、世界人外ランキングにも名を連ね、人間業を超越した人外技を次々に生み出していき、いつもファンを熱くさせてくれる。キンジの技のメカニズムにも0.1本ほどの筋の通った理屈が捏ねられていているだけに、どこか人間の限界を絞り出した人間業として納得させられそうになる。

シリーズもいよいよ佳境に入ってきて、世界中の強敵たちと激闘を繰り広げてきたキンジもとうとう日本に帰還。10代とは思えない波乱万丈の人生を歩んできたところに、かつての武偵校の学友やバスカービルのメンバーなどと再会して物語がどんな展開になるのか。新刊が楽しみです。