働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

引きこもり英雄と神獣剣姫の隷属契約 ふたりぼっちの叛逆譚

引きこもり英雄と神獣剣姫の隷属契約 ふたりぼっちの叛逆譚 (MF文庫J)

《あらすじ》
山奥に引きこもっていた少年・白火の下を“神獣の末裔”たるソウガの姫・グウィンが訪れる。彼女は滅亡の危機に瀕した国を救うために、様々な褒美を提案して助力を請うが白火はことごとく拒絶してしまう。だが―「ソウガの一族に協力し、この地よりカースの魔の手を完全に退けることができたなら―妾を好きにしてよい。貴殿の奴隷にしようが、素材にしようが、煮ようが焼こうが構わぬ」彼女自身を対価に契約は成立。敵国の圧倒的兵力に対して白火は“変幻流転”―超常の力を持つ武具を創る力を用いて対抗し、たった一人で戦局を打開していくのだが―?必敗必死を逆転し、新たなる王道を斬り拓く大スケール無双戦記ファンタジー、ここに開幕!

超常の力を秘めた武具を創る力をもった少年と神獣の末裔と呼ばれる少女の出会いから始まる無双戦記ファンタジー。“武具を創る力”がもたらす恩恵と力を行使するのに要する代償。物語の世界を広げるにおいて軸になる白火のもつ能力の特異性、その力の根源が明らかになるにつれて徐々に深みに入っていく展開の連続に、MF文庫が推していく作品の魅力の一端を感じ取れる。
超常の力を持つ武具を創る代償がもたらす周囲の仲間たちへの影響の大きさと、グウィンとのひと悶着の末にたどり着いた結論。その演出も読んでいる人間の感情を揺さぶりにかける強烈なインパクトをぶつけてくるので、物語の世界に引き込まれていく面白さがあってよかった。

1巻の幕引きからの中・長期的な路線を見据えての風呂敷の広げ方も、編集部がプッシュしていく作品ならではの強気の構成だとは思うけれど、読者の目からみても長生きさせて楽しむに足る良作だと思いました。