働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 6

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 6 (MF文庫J)

《あらすじ》
TVアニメの世界から現れたエイルン=バザットが『ドール・ワルツ・レクイエム』の主人公ジン・ナガトに殺害されて1年。雷鳥失脚で氷室義塾は実質的に解体、規格外十番は世界列強に売られ散り散り、目前の勝利は子どもたちの手から零れ落ちた。ジンはクイーン狩りを行い、次々と世界各国と同盟を結んでいく。「俺はエイルンみたいな悠長なことはしない…無駄はない方がいいのさ。物も時間も…人の命も」そのような中、真紅の戦騎装でヘキサの実験施設や非合法武装組織を潰して回る謎のテロリストが出現する。果たして彼の正体は!?爆発する爽快感!とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル。シリーズ“最泣き”の最新刊で第二部開始!

このロボットアクション作品の戦いを繰り広げているときの大迫力と氷室義塾のメンバーの熱い駆け引きが映像化されたらと想像すると、いかに映像映えする作品であるかが伝わってくる。

機体のイラストとキャラクターのイラストでイラストレーターを分けることで専門性を発揮し、機体の外観の細部に至るまで丁寧に描かれていて、金属の質感と重厚な色合いがイラストへの個性とこだわりを表わしていて、カラーイラストにしたときの迫力が凄いです。

キャラクターごとのポジションと役職も概ね固まっていることから、かなりの大所帯の氷室義塾のメンバーが一斉に行動を起こしても状況把握がスムーズにいく。物語の山場に突入して全員の行動が実を結んでひとつの結果に収束する展開においても、メンバーの行動がつかめるのは大いに貢献していて読み手としても非常に助かる限り。

唯一残念なのは、大事なシーンをイラストにしたときのキャラクターの表情や外見の描き分けができていないと感じられるほど区別がつきにくいところ。キャラクターのイラストが出るたびに自分が誰を見ているのかが文脈からしかつかめないのがストレス。

キャラクターのイラストの点を除けば、MF文庫がほこる次代のアニメ化候補作品とも呼べるくらい軌道に乗ったシリーズなので、興味のある方は是非購入してみてください。