働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

死霊術教師と異界召喚

死霊術教師と異界召喚 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
死者を蘇らせ、使役する魔法学問・死霊術。名門・聖オルフェ学院に死霊術の教師として赴任したトラン・スピンタートは、授業初日から窮地に立たされていた。生徒に舐められないよう、仮面で素顔を隠し、恐怖で以て威圧した結果―「あなたは二ダブの留年生でしたね!」その過去を知る優等生・ピーシアから、教師失格の烙印を押されてしまい!?だが、世界を揺るがす大事件が起きた時、「お前の守ろうとした世界を、もう一度守るために…力を貸せ!」トランは、生徒を救うべく、世界を守護する伝説の竜を復活させ―。落ちこぼれ死霊術教師が繰り広げる異種間学園ファンタジー!

死霊術師の教師×学園の優等生が織りなす学園ファンタジー作品としては、教師と生徒の距離感で行われる講義のシーンや魔法学問について語らうシーン、はてはフランクに日常的なやり取りをするシーンまで、学園ものにおける鉄板ネタをふんだんに仕込んだ作品であり、手堅い内容でした。

“死霊術”を専門にする主人公を物語の軸に据えて展開が広がっていくだけに、それに付随したクセの強いキャラクター(死霊)の登場が掛け合いのバリエーションを生み出していて、人間と死霊の垣根を越えたコミカルなやり取りがギャグ要素にも発展していて良かった。
今作で言うところの“死霊術”と“死霊”が物語のキーパーソンになるわけだけど、いかに他の要素で遊ばせるかがある意味で読み手を飽きさせないで楽しませるにつながっていると思うのだけど、その点も含めて非常に面白い作品だったと思う。

これから先、この物語を続けて続巻まで踏み込んでいけるかどうかは売上やその他様々な要因を込みして行われるとは思うけれど、個人的にはオーソドックスで好感触の作品なので是非とも2巻を読んでみたいです。