働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

最新のゲームは凄すぎだろ 6

最新のゲームは凄すぎだろ 6 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
人の魂を生贄にし、世界の理を捻じ曲げる秘術を悪用している魔物たち。そのことを知ったケイオスは秘術の発動を阻むため教会と協力する。
魔物の脅威に対して、同盟を結んだ三国は連合軍を結成し、新たに設けられた駐屯地で魔物の侵攻を防ぎ、北にある魔物の拠点を突き止めるため探索部隊を派遣する。ケイオスは駐屯地で周辺の魔物の討伐を行っているが大規模な魔物の侵攻の兆候はなく一時の平和が訪れていた。
そんな中ケイオスはアレクシアがヴァイクセル帝国の皇帝ヴィクトルと結婚する噂が流れていることを耳にする。
自分の想いに悩むケイオス。悩んだ末に彼が出した答えとは。

VRMMORPGだと思っていた世界が実は異世界だった。そんな異世界ファンタジーが完結を迎えるまでになっていたとは……
数あるなろう系のなかでも『異世界(ゲーム世界)での冒険譚と日本での学生生活』を両立させているタイプの作品は目にしたことがなかったことと、純粋に物語が結末を迎えるときにこれまで異世界で出会った仲間たちとの人間関係をどう清算するのかが気になって追い続けてきました。
平凡な日本の学生である主人公が学業の傍らの余暇時間の全てを異世界につぎ込めば、自らの人生にマイナスになることは明白だし、現実に教師から学業成績の不振について警告が出される始末。かといって、異世界との繋がりを断てば、ケイオスの出自不明な素性とあいまってトラブルの原因にもなりかねない。
ケイオスの異世界での活躍が本質的に『ゲームのプレイ時間』に依存しているだけに、この問題を表面化するとなかなかに難儀なライフスタイルを送っていることが明白。

それだけに、今回の騒動の結末に『いっそのこと異世界に永住してメインヒロインのアレクシアとよろしくやる』ルートと『異世界と縁を切って本来あるべき日本の平凡な高校生に戻る』ルートの二通りが常に頭の中をよぎっていました。
正直に今回の結末に関して述べるならば、『ケイオスの身の振り方を引っ張ってきた割には読後感がモヤモヤする』終わらせ方だった。
ハッピーエンドではあったけれど、数あるハッピーエンドのひとつでしかない。どうせなら、もうちょっと攻めた選択肢もあったんじゃないか? とも思える内容でした。

ともあれ、好きなシリーズが完結を迎えたことは何よりも喜ばしいかぎりです。