働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

女神の勇者を倒すゲスな方法 3 「ボク、悪い邪神じゃないよ」

女神の勇者を倒すゲスな方法 3 「ボク、悪い邪神じゃないよ」 (ファミ通文庫)

“あらすじ”
「女神教の大神殿に攻撃を仕掛ける」真一は宣言した。最強の魔法使い“聖女”まで魔王城の住人となり、人間側の理解者も得られた。今が攻め時と、セレスと共に聖都に乗り込んだ真一は四大枢機卿の一角、聖母卿に狙いを定め攻略を開始する。だが、魔王たちが平和に暮らせる世界まであと少しに迫ったとき、女神の祝福を得たあの男が一万の勇者の大群を率いて復活しようとしていた。
ゲス参謀 VS 女神教、最終決戦!? 大人気異世界勇者攻略譚、第三弾。

デビューから着々と(自分のなかで)人気作として話題沸騰中の異世界ファンタジー作品も続巻の目処が付きそうなことが何よりも嬉しい。
“女神の勇者”として不死の能力を授かった勇者たちを魔王の参謀として暗躍する真一が、あらゆる手口で再起不能に陥れて、難攻不落で打つ手なしに思える状況を一挙に覆して攻勢に移す。やり方はゲスだけど、『物理的に死なないなら精神的、社会的に抹殺しよう』を実現させるんだから恐ろしい。

今回の騒動のカギを握り、真一いわくもっとも攻略しやすい人物が“聖母卿(女性:40代)”で、期せずして真一の周囲にいないタイプの女性になったことがきっかけで、魔王陣営のヒロイン勢に嫉妬される羽目になったのは言うまでもないですね。そんな光景を眺めながら「セレスさんが一番可愛かった!」「デレたときの態度にキュンとくる!」とか感じつつ、ニヤニヤしながら楽しめたんだから、遠坂あさぎ神のイラストと合わせて満たされていた自分としてはもう最高でした。
この件も踏まえて、全体的にヒロインの感情を揺さぶることでリアクションを引き出す展開が多いので、キャラクターがイキイキとしています。それだけに、魔王陣営のメンバーたちで盛り上がっているシーンは特に楽しくて癒されます。