働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

語り部は悪魔と本を編む

語り部は悪魔と本を編む (ファミ通文庫)

《あらすじ》
拾い上げ作家(デビュー未確約)の中村雄一は、理想に限りなく近い女性の絵美瑠と出会い、交際することになる。しかしある日、絵美瑠が雄一の新たな担当編集者であることが発覚!!二人は動揺するも雄一のデビューに向けて、恋人としてだけでなく、作家と編集者としても頑張っていこうと誓い合うが、二人の前にはデビューを阻む悪魔のような編集長が立ちはだかる!二人の夢の行方は―!?今“一番応援したい”出版業界の恋と戦い!

ライトノベル業界物のジャンルを走りつつライトノベル作家×編集者の運命的な出会いと恋の行方、さらには拾い上げ作家でデビューを目指す主人公が直面する現実を本気で叩きつけてくるので、どちらのジャンルもハイレベルで楽しめてなおかつ上手い具合に両ジャンルが調理されていて、しばらくぶりに傑作を読んだ感じがします。

偶然の出会いがきっかけで編集者の絵美瑠に恋に落ち、ひょんなことがきっかけで食事に誘われ、記憶をなくすほどに酔いつぶれた状態で主人公が打ち明けた愛の告白から交際スタートとなり、出版社で自分の担当編集者として紹介されたのがまさかの彼女。怒涛のように二人の関係性が進展するなかで、仕事とプライベートが混同しまくったバカップルぷりに口元がにやけるくらいに微笑ましくもあり、最高の二次元ヒロイン像でもあるところが良かった。『経費で落とせるデート代』というパワーワードが羨ましすぎる。

これだけの可愛いヒロインでもあり、ライトノベル作家デビューを目指す主人公が出版業界の現実にぶつかっている展開にも深く介入して、ひとりの登場人物としても立ち回っていて、ライトノベル業界に切り込んだ内容も幅広く触れられていて面白かった。
下積み生活が長いライトノベル作家志望者である主人公には辛辣に創作論をぶつける展開が多く、それを物語に落とし込むにおいての掘り下げも細かいので、これからライトノベル作家を志す人たちに対しての精神論が詰まっているとっても過言ではないレベル。

最近のファミ通文庫の刊行物のなかでは間違いなく傑作に入ると思うので、興味のある人はぜひ読んでみてください。