働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

君との恋は、画面の中で

君との恋は、画面の中で (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
僕―上村優弥には「タカネさん」という女友達がいる。「JK」を自称しているタカネさんだけど、実際のところは女の子かどうかもわからない。なぜなら「彼女」との繋がりはSNSだけだから。でもそれでいいんだ。タカネさんと話していると楽しいし、何より「ネットはネット、リアルはリアル」なのだから。少なくとも、僕はそう思っていた。そう、信じ込んでいた。だけど、僕は「彼女」と出会ってしまった。高宮さん―タカネさんのリアル。僕に告白してくれた女の子。僕が振ってしまった女の子。だって僕が好きなのは「タカネさん」なのだから。そして僕は―タカネさんに告白する。現役大学生の著者が高校時代に綴った、等身大のSNSラブストーリー。

『ネットはネット、リアルはリアル』この歪な考え方を植え付けるに至った過去のトラウマ。ネットでの“タカネ”とリアルの“高宮鈴音”をすみ分けた歪んだ関係性。二人が巡り合うに至った経緯とその全貌が明らかになったとき、これまでの展開の全ての点と点が結ばれたような爽快感が押し寄せてきて、“SNS”を活用した青春ものとしては近代的て新鮮な作品でした。

青春ものにおいて、主人公とヒロインの初々しいやり取りを見せつけることで読み手に対して、あらゆる角度から感情に揺さぶりをかけてくる展開が満載。「このクソ鈍感ヘタレ主人公が! いい加減攻めに転じろ!!」、と、何度となく心の中で念じたことか。
そして、周囲の友人たちが妙に主人公を良い方向に導く誘導役になっていて、ヘタレ主人公にガンガンチャンスを与えてくれるので、否応なくヒロインとの接点も生まれて関係性も進展していく。
二人の仲の良い光景が見られるたびに、身もだえするくらいに可愛すぎて心が揺さぶられる。

もっともこの作品においては、主人公の「ネットとリアルを切り分ける」スタンスがこじらせすぎていて、その後の展開と通して性格を分析していくと、「度が過ぎる鈍感キャラと超消極的主人公」で一歩間違えたらぶち殺したくなるようなキャラクターに成り下がっているところがヤバい。序盤で「僕は女の子のネットとリアルの言動を一緒にしない」ことに固執させ過ぎたせいで、ストーリーもかなり歪んでいたと思う。
全体的な評価としては許容できる範囲で楽しめる青春ものではあったけれど、個人的には主人公の性格に少し難がある作品だった。