働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ネクストライフ 13

ネクストライフ 13 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
アステリアとマリウスの結婚。それはホルディア王国の慶事であり、マリウス達にとっても一つの区切りだった。新婚旅行の提案が出るが、そこで意外な事実が判明する。アステリアは遊興に疎かったのだ。せっかくの機会だし、アステリアに民の暮らしを見せ、人々の楽しみについて教えようと思いつく。マリウス達が行く先で見たのは、彼が守った人々の日常、アステリアがこれから守っていくべきものだった。人々のささやかな日常こそ、得がたき宝なのだと彼らは改めて認識する。

マリウス、アネット、アステリアの三人の結婚と新婚旅行の段取りを決めている光景がホルディア王国の平和な姿を感じさせる。アウラニースやデカラビアとも平和的な関係を築きあげているし、マリウス無しでも相当な戦力を保持していてどんな規格外の敵が登場しても片手間に倒せるのが目に見えてる。
アウラニースを結婚披露宴中に外部への監視役に回したり、キャラクター配置がカオス過ぎる。アウラニースへの仕事の報酬がマリウスとの再戦だったり、自由奔放に物語が進んでいって楽しかったです