働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 7

ありふれた職業で世界最強 7 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
神山での戦いを終え、リリアーナたちを伴い飛空艇“フェルニル”で帝都を目指すハジメ一行。そこに同行する光輝は思い悩んでいた。なぜハジメは強いのに、力を“正しく”使わないのか、と。その道中、帝国兵と戦うハウリア族と出会ったハジメは、魔人族と帝国兵に侵攻を受けたフェアベルゲンの現状を知ることに。ヘルシャー帝国に向かったハジメは、“彼ら”の計画を知り…!?「膳立ては上々。そろそろパーティーの時間だ」―カウントゼロで奴らが動き出す。“最強”異世界ファンタジー、第7巻!

ハジメがハウリア族に施した人格改造トレーニングの成果が帝国兵に猛威をふるう。最弱の亜人でもあり異世界では奴隷として重宝される種族のはずが、地獄の特訓を経て変貌を遂げた結果、ブービートラップ・一撃離脱・最弱ゆえの危険予知能力をフル活動した殺戮ウサギに進化していた。
ハジメとシアの初邂逅が2巻の頃だったと記憶しているが、そのときのネタがここにきて再燃するとは夢にも思いませんでした。なんだかもう、最弱種族として油断していたところに、件の殺戮ウサギがヒャッハーしながら慈悲もなさけも微塵もなく首をチョンパしていて、血生臭い残虐なシーンのはずなのに、やたらとコミカルに映る。
言の顛末の発端でもある白髪隻眼の主人公様も傍観と投げやり感が満載で、今回においての主役は間違いなくハウリア族ですね(笑)

さて、ハジメたちにおいては長年の帝国への恨みを果たすハウリア族のサポートに徹していて目立った活躍はなし。しかしながら、ハジメをめぐる修羅場を手を変え品を変えでコミカルに演出し、存分に楽しませてくれました。
最強の力を擁する主人公にだけ許される我が道を突き進むスタンスの生き方。それこそが、ありふれた職業で世界最強の魅力の秘訣だと思います。
アニメ化も決まったこともあり、今後のますますの活躍に期待です。(補足:前年のこのラノでは協力者として1票入れさせていただきました)

ありふれた職業で世界最強 零 1 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 零 1 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 7 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 7 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 6 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 6 (オーバーラップ文庫)