働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

2017年 下期 おすすめのライトノベル10選

新年あけましておめでとうございます。
2018年の一発目のラノベ記事は好きラノに投票するおすすめの作品10選です。
なるべく新作・マイナー作品のなかから選び抜いた良作なので是非とも読んでもらいたいです。



ワキヤくんの主役理論 (MF文庫J)

青春を最大限楽しむためのメソッド“主役理論”を掲げ、夢の一人暮らしを勝ち取った俺・我喜屋未那。隣に住む少女・友利叶も一人暮らしで、クラスメイトで、バイト先も趣味嗜好も全てが同じ…なのに俺と真逆の“脇役哲学”を掲げる、決して相容れない天敵だった!そんな叶との口喧嘩の果て、同時に部屋の壁を蹴破ってしまい、何故か同棲する羽目に。そして俺たちは、やはり同時に考えた―これは戦争だ、と。俺の“主役理論”と叶の“脇役哲学”、どちらが正しいかこの同棲で白黒つけようか!
主役男vs脇役女。同棲から始まるおかしな青春勝負

【17下期ラノベ投票/9784040693477】
高校生にして二人とも一人暮らし、バイト先も学校も、さらには住む部屋も同じアパートの一室で同棲状態!
主役理論と脇役哲学を主張してお互いに一歩も譲らない完全に水と油な二人の男女の青春がMF文庫らしくて微笑ましいです


戦闘員、派遣します! (角川スニーカー文庫)

世界征服を目前にし、更なる侵略地への先兵として派遣された戦闘員六号の行動に『秘密結社キサラギ』の幹部達は頭を悩ませていた。侵略先の神事の言葉を『おちんち○祭』と変更するなど、数々のクズ発言。さらには自らの評価が低いと主張、賃上げを要求する始末。しかし、人類と思しき種族が今まさに魔王軍を名乗る同業者に滅ぼされると伝えられ―。「世界に悪の組織は2つもいらねぇんだよ!」現代兵器を駆使し、新世界進撃がはじまる!!

【17下期ラノベ投票/9784041061107】
このすばシリーズを手掛ける“暁なつめ”クオリティ
塔の最上階で待ち構えてるモンスターを討伐するために、外壁を伝って攻略した挙句に戦闘は紐なしバンジーによる落下死で済ませる急展開させる発想は天才だと思う。ギャグのセンスのキレと壊滅的に個性の突出したパーティーで冒険が成立するところに何故か安心感を覚えるギャグラノベ



美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! 2 (角川スニーカー文庫)

遂に傑作ラブコメを完成させた天花だが、顔が赤い&妙な質問ばかりで様子がおかしい。一方、新作執筆中のひよこは「何かが足りない気がする」とスランプに戻ってしまう。悩める清純の元には、眼鏡でえっちな有名作家(パンツはいてない)や超売れっ子絵師(優しい×可愛い×〆切守る=天使)が現れて、リアルの方がいつのまにかラブコメ状態に!?

【17下期ラノベ投票/9784041059654】
才能が衝突するクリエイターたちの作品にかける想い、赤裸々に語られるライトノベル業界の(真偽のほどは不明の)実態。
社会人ラノベ読みにとってはキャラクターを通じてラノベ作家の働く姿を目にすることもでき、知的好奇心を刺激してくれてかつ楽しめる作品です。



あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた!そんな涼葉の本音―それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ!お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね!ということでさっそく告白をしたものの…断られちゃった!?MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!
心は両想い。なのに――本音が隠れすぎてて結ばれない!?

【17下期ラノベ投票/9784040696157】
ブコメの神様が就いているはずなのに、致命的にかみ合わないい二人の男女の青春物語。
好きな女の子の心の声を聞くことができて、両想いは揺るぎない事実……。
そのはずなのに、完全無欠の優等生だけど中身はポンコツヘタレヒロインに告白を断られるという誰も予想ができない急展開(あらすじは全く読まないタイプなのでこのときはさすがに度肝を抜かれました)
コメディとしても強烈なインパクトのある展開に笑いがこみあげてくるし、ヒロインの心の声が主人公にベタぼれ過ぎて胸やけを催すほどにラブラブでもある異質ぶり。新人賞作品ながらもこれは選ばざるをえないで作品です。



親しい君との見知らぬ記憶 (ファミ通文庫)

夢の中で見知らぬ少女と出会い、共に過ごすようになっていた幸成は、ある日、初めて訪れた場所に既視感を覚え、そこで夢の中の少女・優羽子と出会う。そして何と彼女もまた夢で幸成と出会っていたと言う。それから二人はその現象を確かめ合うため、一緒に出かけるようになり、やがて恋に落ちる。しかし全てが順調に思えたある日、突然優羽子が倒れ、意識不明の状態に陥ってしまい…。同じ夢を共有する二人の、ある奇跡を辿る物語―。

【17下期ラノベ投票/9784047349575】
繰り返し見る夢の中の見知らぬ少女との記憶。同じ夢を共有する少女・優羽子との出会い。そして、この現象に隠された真実とは。
少し不思議な現象がきっかけで出会った幸成と優羽子が自然と恋に落ちる等身大の青春が描かれている裏で、壮大なSF展開が待ち受けているとは夢にも思わなかった。破格のスケールで描かれる奇跡の恋愛物語。



語り部は悪魔と本を編む (ファミ通文庫)

恋する二人vs悪魔編集長!? 今"一番応援したい"出版業界の恋と戦い!
拾い上げ作家(デビュー未確約)の中村雄一は、理想に限りなく近い女性の絵美瑠と出会い、交際することになる。しかしある日、絵美瑠が雄一の新たな担当編集者であることが発覚!!二人は動揺するも雄一のデビューに向けて、恋人としてだけでなく、作家と編集者としても頑張っていこうと誓い合うが、二人の前にはデビューを阻む悪魔のような編集長が立ちはだかる!二人の夢の行方は―!?今“一番応援したい”出版業界の恋と戦い!

【17下期ラノベ投票/9784047348516】
拾い上げ作家が偶然出会った理想の女性が恋人になり、運命のいたずらか新たな担当編集者が恋人というまさかの展開。
作家と編集者の恋愛作品、拾い上げ作家がデビューにかける熱い想いとそれを支える恋人との苦労を描いた作品の二つのジャンルで楽しる。
ファミ通文庫らしい傑作でした。



あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! (HJ文庫)

高校入学から数ヶ月。大貫悟郎(おおぬきごろう)はその日、長いこと片思いをしていた幼なじみの美少女・杉崎小春(すぎさきこはる)に告白した。「小春! 好きだ! 俺と付き合ってはくれないだろうか!!?」 「いや、無理ですから」 この一言であえなく玉砕! さらに小春は何を思ったのか悟郎に、「悟郎、あんた彼女作りなさいよ」とムチャぶりまでしてきて!? 両思いなのに付き合えない!? 一途過ぎる少年と本当は彼のことが大好きな少女の、どうしようもない青春大暴走ラブコメ開幕!

【17下期ラノベ投票/9784798615202】
“両思いなのに付き合えない”とは!? この作品のタイトルに隠された真実とは!?
読めば読むほど主人公である悟朗と幼馴染の小春が付き合えない理由に謎が深まると同時に、幼なじみヒロインが自宅に押し掛けて甲斐甲斐しく世話を焼いてくれたり、自然に交わされるスキンシップが羨ましすぎたり。学園ラブコメとしては傑作と言っても過言ではなかったです。



キラプリおじさんと幼女先輩(3) (電撃文庫)

「今日から二人で、共同生活をしてもらいます♪」プレイヤーの頂点を決める全国キラプリ大会の地区予選がいよいよ開幕!希望に胸を膨らませ博多の予選会場に臨んだ翔吾と千鶴。しかし、二人の前に九州最強の幼女先輩が立ちはだかる!翔吾と千鶴は「協力モード」―ペア枠での出場に望みをかけるが、プライドが邪魔してか噛み合わず…。そんな二人を見かねた「わくわくらんど」の店員、會田さんの導きで、アイドル養成所で同棲生活をすることに!?さらに千鶴の口から衝撃の告白が!二人は最大の試練を乗り越えることが出来るのか―?

【17下期ラノベ投票/9784048935227】
たかが女児向けアイドルアーケードゲームと思いきや、全国大会・地区予選まで開催されるほどの競技人口とトップランカーの神業が炸裂し、トーナメントを勝ち抜くにはノーミスクリアまで課せられるレベルの高さ。
アーケードゲームに全力を捧げる高校生の翔吾とJSの千鶴がさらなる高みにたどり着くために同棲生活をすることになるあたりから「んっ!?」と疑惑の目を向けたくもなるが、世間体を投げ捨て、幼なじみからロリコンと称されようと全てはキラプリの特訓に励む。
電撃文庫小説大賞からデビューして3巻まで来たけれど、いつも凄く楽しみにしている作品です。



偽りの英雄が英雄エルフちゃんを守ります! 崖っぷちから始める世界寿命の延ばし方 Step3 (MF文庫J)

人と獣の激闘は続いていた。未だ意識を取り戻さない英雄、フィオに代わって偽りの希望となった弟子のウェズリーはキリエ達と共に奔走するが“黙示録の獣”の圧倒的な成長力に為す術もなく蹂躙されていく。獣の進化により突如、出現した大樹の振り撒く瘴気の影響で、人類滅亡までに残されたリミットは僅か三日間に。憔悴していくウェズリーのため、ソーニャは決戦に向けてある行動を開始する。そんななか、眠り続けているフィオは。「わたしがいるべきなのは、辛くて残酷な世界だから。そこがどんなに辛くても、ヒューイット様が守った世界だから」「その身に刻め、獣。おまえたちの憎悪なんかに屈しない、人間の力だ」―世界が英雄の目覚めを待っている。

【17下期ラノベ投票/9784040692814】
人類に残されたタイムリミット。“黙示録の獣”の圧倒的な強さに蹂躙され尽くすなかで抗い続ける人類の奮闘。
絶望に打ちひしがれそうになりながらも英雄の再臨という希望に全てをかける展開に時間を忘れるほどに読みふけってしまいます。
自分で言うのもあれだけれどマイナー過ぎて評判をあまり聞かないので、これを機会に知ってほしくもあるし読んでもらいたくもあります。



僕の知らないラブコメ (MF文庫J)

みんなは近いうちに逃げ出したくなるような嫌なことってある?あるよね、きっと。明日になっちゃえばいいのにって思うようなそんな時。僕、芦屋優太はそんな時間を早送りできる能力を手に入れたんだ。これでもう勉強や揉め事、全ての嫌な時間から逃げることができる。やったね!そうして早送りしながら日々を過ごしてたら知らないうちに彼女が出来ていた!しかも相手はあのクラスの問題児、柳戸希美だって?僕は怯えながらも付き合い始めたんだけど、意外にも柳戸はとても優しくて、そしてとても可愛くて…。どうして柳戸はこんな僕のことを好きになってくれたんだ…?え、このラブコメ、僕だけ知らないの?第13回MF文庫J新人賞最優秀賞受賞作!

【17下期ラノベ投票/9784040695549】
時間を早送りできる能力。嫌な時間を早送りしてたら、知らない間に彼女ができてた!?
学園ラブコメはこれまでに数多く読んできたけれど、“時間を早送りできる能力”という要素を+αするだけでここまで新鮮味のある物語を楽しめるものなんだと改めて実感しました。一見して何の欠点もない能力に思えるけれど、早送りしている間に主人公の身の回りに起こった事実からひとりだけ取り残されたときの焦燥感。最後には、この能力が災いして二人の関係を崩壊させる決定的な出来事に派生することになり、幸福の絶頂から人生のどん底の落差に激しく感情が揺さぶられました。
そして注目すべきは“時間を早送りできる能力”なのであって、“時間を巻き戻す能力”は存在しないところ。
2017年に読んだラブコメのなかでも指折りの良作なのでおすすめです。