働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異能バトルは日常系のなかで 13

異能バトルは日常系のなかで 13 (GA文庫)

《あらすじ》
「さあ、始まりの終わりを始めよう」日常と異能が交わり、物語は引き返せない『最終巻』へと突入する。結局どれだけ取り繕おうと、この物語は虚構だった。全ては誰かが書いた欺瞞の積み重ねでしかなく、砂上に描かれた絵のように儚く消えゆくだけの一夜の夢でしかなかった。俺もみんなも、所詮は創作されたキャラクターに過ぎないのだろう。宙ぶらりんのまま忘れ去られようとしていた物語は思い出したように終わりを迎える。絵にも描けないぐらい眩しく輝く黒歴史に一つの終止符が打たれる。観客のいなくなった舞台でそれでも叫び続けよう。「俺達は本物だ。虚構じゃない」『厨二病』エンタメ、堂々大団焔!

本当の最終決戦の火蓋が切られる完結巻かと思いきや、初っ端から文芸部メンバーとのifルートを描いた後日談兼バカップルラブコメ。JSの千冬ちゃんとデートに出かけて危うく通報されかけるまでは既定路線。彩弓さんとの受験勉強デートはPCのデスクトップ画面に残ったエロ検索ワードが発覚して大惨事になりかけ、鳩子は幼馴染みから一歩進んだ関係に進むことに羞恥心を感じて二の足を踏んでいるところが初々しくて嫉妬に狂いそうになる。ifルートの〆はやっぱり灯代でした。往年のツンデレ中二病ワナビラノベ作家のキャラクターからデレデレラノベ作家にまで進化していて、ツンの要素が完全に消滅していた。恥ずかしくなるくらいに灯代が惚気ていてクソ甘過ぎてお腹いっぱいになりそうでした。
そんな感じで、文芸部の全メンバーのそれぞれと交際したときのifルートが本編の構成に上手く絡めて披露され、ある種のボーナストラック兼短編の外伝的ニュアンスで楽しめたので、完結までシリーズを追い続けていたファンにとっては嬉しい内容でした。
本編で安藤たちを巻き込んだ精霊戦争の結末? ラブコメが面白すぎて完全に知らない子ですね。望公太大先生らしい皮肉たっぷりのメタった展開が満載の物語だったと思います(小並感