働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。 2

俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。 2 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
思い出のレンタルビデオ店でついに小春と再会を果たした大治郎。今度こそは彼女に嫌われないようスケベ心を抑えることを誓う大治郎だったが、学園を脱走してきた小春の前に追っ手が立ちはだかる。それは―なんと小春!?脱走した小春の正体は、外見と能力をコピーする超能力者“三枝ゆきね”だった。その事実を知った大治郎だったが、顔も声もまったく同じという二人の小春が戦う姿に当惑を隠せないでいた…。やがて事態は街をも巻き込んだ大騒動へと発展していく!サイキック青春ラブコメ第二弾!

超能力を有するがゆえに普通の女子高生が送る平凡な日常に憧れる少女とごく普通の男子高校生の青春を描いたラブコメ作品。
前巻で超能力により倒壊したビルに関連して、合コンに同席していた人物たちの記憶を消去したことにより、大治郎と小春の運命的な出会いが全てリセットされたかに思えたけれど、引かれあう二人の因果なのか偶然の再会を果たす。こんなドラマチックな再会はきっと作者という超能力者の思惑に違いない! 何はともあれ、コミュニケーションツールが一切なく待ち合わせもなしに二人が出会えただけでよかった。

今度の物語は、超能力を身に宿し一般社会から隔離された環境下で生活している生徒の脱走劇。外見も能力も完璧にコピーしてなおかつ立ち居振る舞いも完全に本人にそっくりな超能力者。サイコキネシスパイロキネシス、テレポート等の物理法則を大きく逸脱した正真正銘の超能力なだけになかなかのくせ者。しかし、一見して完璧に思える超能力にも想像力を働かせれば気が付けるようでなおかつ、そんなくだらない方法で弱点を突き崩せるのかというバカバカしくもあり予想外な展開で面白かった。

この作品が今後も続いていくか明言されていないため定かではないけれど、是非とも続巻の刊行が可能であれば視野に入れてほしいし、これからもこの作者には活躍してほしいです。
デビュー作の『あの夏、最後に見た打ち上げ花火は』も大変すばらしい作品で感動したので今後も楽しみにしています。

あの夏、最後に見た打ち上げ花火は (ガガガ文庫)

あの夏、最後に見た打ち上げ花火は (ガガガ文庫)