働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 6.<月世の会>

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 6.<月世の会> (HJ文庫)

《あらすじ》
大学の始業までの間思いっきり遊ぶことを決めたレイは、ルークやマリーと共に海へ行く約束をしてゲーム内の宿屋で仮眠をとった。そして目が覚めた彼の前に現れたのは見知らぬ天井。レイは、王国最大の宗教クラン・“月世の会”に拉致されていた!!現実でも宗教組織のトップに君臨し、王国最後の“超級”であり、実は大学の先輩でもあった月夜の目的とは―。「うちは、“女教皇”扶桑月夜。“月世の会”のオーナーや―よろしゅう」

こんなVRMMOが実在したら間違いなく廃人プレイヤーを大量生産してしまう。エンブリオのネメシスの挙動も思考もまさに人間そのもの。
椋鳥玲二ことレイ・スターリングのリアルでの大学生活と余暇時間としてプレイするインフィニット・デンドログラムの世界で過ごす時間は、ネメシスにとっての現実と玲二にとっての現実に隔たりを生じさせる。ネメシスの中に芽生えた感情の根源が鮮明になってくるほど、読み手として「システムとして生成されたエンブリオでしかないけれど、何かしらの形でネメシスの感情を発露させてあげたい」という感情に駆られる。端的に言えば「ネメシスがクソ可愛いので押し倒して欲しい」

インフィニット・デンドログラムの世界の正体や今回の一連の騒動の終結に待ち構えるティアンとプレイヤーの間に産まれた子どもとは……。まだまだ謎の多いVRMMOの世界ではあるけれど、シリーズが進むにつれて思うのは、こんな自由度が高くプレイヤーのスタイルだけキャラメイクに幅のあるゲームがあったら絶対にプレイしたいということ。
もっとも主人公のレイ・スターリングのように成長過程を著しく間違えてピーキーすぎるキャラメイクになって相性次第でボロ負けしそうな構成になったら絶望しそうだけど、まず間違いなく面白そうだということは言える。
総括としては、『こんなVRMMOがあったら是非やってみたい!』と思えるラノベでした。

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 6.<月世の会> (HJ文庫)

-インフィニット・デンドログラム- 6.<月世の会> (HJ文庫)