働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

如月さんカミングアウト

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
如月キサキ。「絶対零度の女帝」として我が校に君臨する生徒会長。その冷たい美貌は人を寄せ付けず、俺のようなオタクには縁遠い存在―のはずだった。「貴方たちの会話に私も入れたらと…いつも思っていました」如月さんは孤独な隠れオタクだったのだ!秘密のオタ友に選ばれて、毎日一緒にゲーム対戦、アニメ鑑賞…普段と違いすぎる如月さん(かわいい!)にドキドキする俺だったが、実は彼女にはもう一つ秘密があって…。
完全無欠な生徒会長と、オタ友はじめました――秘密の放課後ラブコメ

著作、『転生従者の悪政改革録』がとても気に入っていたので今回の新作にも期待していましたが、主人公でオタクの日向と生徒会長で“絶対零度の女帝”と称される如月が共通の趣味を分かち合っているときの楽しそうなやり取りがとても心地よいです。縁のないはずの二人がきっかけを得て交流が生まれ、ドンドン友好が深まっていきお互いに意識し合うまでになる姿が丁寧に書かれていて、微笑ましくもあり妬ましくもある。

あらすじでは中盤以降の世界観を一変させる設定について言及されていないので軽く触れておくと、日向と如月の今後の関係が未来の人類の行く末を決定づける事態に直結しており、如月を除く生徒会メンバーが異なる平行世界からやってきた未来人です。そして、未来人がもつ最先端技術、魔法その他もろもろを駆使して、陰から日向と如月の関係を深めるために支えてくれます(日向本人の許可はとってません)

一例をあげると、未来人のアプローチによって『如月と日向が幼なじみ』の設定を二人の記憶に意図的に植え付けて、全校生徒の前でお互いに愛称で呼び合う仲良しアピール公開プレイを無自覚で披露。これには、正気を取り戻した時の取り返しのつかなさにテンパる二人の光景と、幼なじみ(設定)のやり取りを見せつけられた全校生徒が嫉妬に狂う光景が鮮明にイメージができて、楽しさが倍増しました。もう、こういう火に油を注ぐ展開は大好きです。
前作からとてもお気に入りの作者であり、今回の新作も大変すばらしいものだったので、是非とも次巻の刊行にまでこぎつけてほしいです。

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様 (角川スニーカー文庫)

縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様 (角川スニーカー文庫)

転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)

転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)