働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

あまのじゃくな氷室さん2 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

あまのじゃくな氷室さん2 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

《あらすじ》
高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの氷室涼葉。そんな彼女の“デレデレな本音”が丸聞こえになってしまった田島愛斗は、想いを寄せる涼葉の本音と建前に振り回されたものの、晴れて『友達』となり関係は一歩前進。だが愛斗にはクラスメイトのギャル・砂城雅がいつも近くにいて―焦る涼葉は「両想いの友達の方が上よ!」と見当違いに張り合ってしまい、結果的にいつものこじらせたあまのじゃくっぷりを発揮する。そんなところも愛斗は嬉しく、微笑ましい気持ちで日々を過ごしていたのだが―二人の下へ新たな火種が…!?「生徒会書記の相沢波瑠。今日から頑張っちゃいます!」MF文庫Jが贈る、捻れ系青春ラブコメ第2弾!
両想いの友達って特別な存在よね――と油断する氷室さんにライバルが!?

毒舌生徒会長の氷室涼葉が抱える本音はベタぼれなのに“両想いの友達”の関係でストップ。あと最後の一押しで氷室が正直に気持ちを打ち明ければゴールインなのに、どこまでもヘタレなヒロイン。成績優秀な生徒会長も恋愛方面では完全にポンコツといっても過言ではないと思う。

氷室が関係の進展に一歩も踏み込まないなか、田島のクラスメイトの砂城と勉強会などを通して接点も増え、誰の目から見ても“修羅場の火種が成長しかけてる”は明らか。そしてこれまでと変わらず、毒舌生徒会長の氷室とギャルの砂城の相性は水と油。砂城にとっては田島がなぜ氷室に固執するのか理解できない事実に拍車をかける。
しかし、『田島と氷室は両想いであり、砂城が田島に好意を抱いている』ことを前提に物語を読んでいくと、『あまのじゃくな氷室さん』という作品が育んできた独特のシチュエーションを活かしたラブコメの持ち味があってとてもユニークなラブコメに感じられます。

2巻のエピローグも3巻へのつながりを示唆する急展開で幕を閉じていることからも、十分な売り上げが見込まれていて期待が持てる作品であるので、まだ読んでいないという方は是非手に取って読んでみてください。
ブコメとしては至高の一品です。