働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争

セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
次期魔王を決めるバトルロイヤル―“王座戦争”。その開催が迫る中、面倒くさがりの“怠惰”の“七罪魔”・ラグナルは、“王座戦争”の中止を画策していた。しかしそのやり方は、魔界の住人の命を人質に取ったり、お金で解決しようとしたりと手段を選ばないもので―逆に魔王に人質にとられてしまったメイドのメリィを救うため、個性的な“七罪魔”たちを説得し、バトルロイヤルを阻止できるか!?“戦わない”バトルファンタジー開戦!
死ぬのも魔王になるのもめんどくせーんだよ!
第30回ファンタジア大賞銀賞受賞作

七つの大罪になぞらえた称号を持つ最強の魔族たちがバトルロイヤルで次期魔王を決める王座戦争……、怠惰のラグナルが最も騒動の渦中で働き詰めで、全然怠惰じゃないと突っ込みたくなるけど些細なことは脇に置いときます。

七つの大罪と絡めたキャラクターメイクが強烈なインパクトを与えられ、魔族たちのなかにはピーキーな能力を備えたものやチート級に強い能力を持った者がいて波乱続きのバトルロイヤル。突発的な戦闘がほとんどで相手と決着がつくまで長引くような局面はほとんどなかったが、七罪魔たちの説得をコンセプトに行動を起こす怠惰のラグナルなだけに物事の運び方に全く無駄もなく、協力を得た七罪魔のピーキーな能力を上手く使いこなしていて面白かった。なかでも暴食のヴァルと色欲のルナのコンビは能力のデメリットを完全に厨技。ポケモンで例えたらなまけないケッキングです。

総合的な評価としてはファンタジア文庫のレーベルカラーにあった作品でなおかつ銀賞にちょうどいいくらいのオーソドックスなファンタジー作品といったところですかね。七罪魔たちのキャラクターも作中で十分に役割を全うしており、カラーイラストで全員が描かれているので、バトルロイヤルに参加するメンバーの全体像をインプットして読むことができたので、より七罪魔のキャラクターをイメージできました。

余談ですが、キャラクターの容姿や全体的な色使い憂姫はぐれさんのイラストを連想させられてずっと気になってます。