働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔王の後継者

魔王の後継者 (ブレイブ文庫)

《あらすじ》
同級生達とのお別れ会を終えた高校生天野涼の前に、突如異世界の魔王を名乗る男が現れる。グレイオスと名乗るその男は、とある理由から自身の後継者を探しており、異世界シャンゼリオンに存在する神器のひとつ『トゥルーミラー』の導きにより後継者にふさわしいとされる涼のいる世界に降り立ったのだ。力を試すべく剣を交えたグレイオスにその資質を見せた涼は、魔王とともに異世界シャンゼリオンに渡った。だが、魔族領で後継者としてお披露目された涼を待ち受けていたのは、突然現れた異種族の少年を認められない魔族との決闘であった。吉野匠が放つ新王道バトルファンタジー開幕!

まずは一言。“トゥルーミラー”の名称がクソダサいです。

天野涼が記憶喪失である事実。彼の身に沁みついた近接戦闘における体裁き、詠唱無しで行使できる固有スキルの“PK”、魔法に対する高い潜在能力。全てを考慮して、魔王の後継者候補として異世界に召喚されるという冒頭の展開に繋がるわけだが、人類 VS 魔族の構図であえて魔族サイドで物語を進めるところが少し新鮮味はあります。もっとも、比較的によくあるタイプの作品なので“新”まではいらない気がしますね。

魔王の後継者として召喚された主人公のお披露目を終えた後は、あらすじにもある通りで予定調和とも言える決闘シーン(対戦相手の幹部はボッコボコ)
戦いのない平和な日本から突如やってきたばかりではあるけれど、主人公に秘められたポテンシャルの高さが開花し始めるバトルであり、創刊ラインナップとして選ばれた著者なだけに王道な物語の中でも登場人物たちの掛け合いとその後の展開に歯ごたえがあってとても面白かったです。
セブンウォールの一角を担うユリアのキャラクターは主人公と初邂逅のシーンで、現魔王から疎んじられる孤高のヒロインから主人公のポテンシャルに興味を抱いて接触してくるシーン、背の低い容姿を基点にロリキャラに格下げさせて厳格なイメージをすぐさまにぶち壊すシーン。あのハイスピードな展開がユリアを決定的にヒロイン候補のひとりに押し上げていきましたね。その後は、あることをきっかけに完全に十分な下部キャラに変貌していて超絶可愛かったです。

終盤まで読み進めていくと、主人公の記憶喪失の原因や秘密に迫る描写が全く描かれず、ある意味では1巻が壮大なプロローグのように思えてきます。今後の主人公の行動や人類と魔族の関係をどういった方向に舵を取っていくのかも想像がつかず、既に代表作を抱えるベテラン作家なだけにコンスタントに面白く仕上げてくれたので総評に困る。個人的には、次巻に向けて十分な役者がそろい主人公も盤石な地位を確立しているので次巻こそが本編だと思ってます。2巻に期待してます。

魔王の後継者 (ブレイブ文庫)

魔王の後継者 (ブレイブ文庫)