働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

察知されない最強職(ルール・ブレイカー)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
交通事故で命を落としたヒカルは、天界で魂の裁きを受ける列に並んでいた。ほとんどが上の空という行列だったが、意識を取り戻したヒカルは列から外れてしまう。そこで見つけたのは死者が死者をいたぶるといういじめ。腹が立ったヒカルは、いじめられていた青年と目が合い、反撃の一手を与えることに成功する。青年と別れたヒカルは、その機転と、行動力を認められ、明らかにこの場にそぐわない「貴族」ふうの少年に声をかけられる。その少年、ローランドが言うには、「ある頼み事」を聞いてくれれば異世界にあるローランドの肉体に転生させてくれるというのだが―――。
殺人依頼。制限時間は1時間――。転生か、魂の消滅か…。隠密に特化した少年が異世界で無類の強さを発揮する!

異世界転生した主人公によく見られるステータスの可視化。“隠密”に関連する能力に極振りしたことに由来する『察知されない最強職』という作品のタイトル。転生後の最初の依頼である“殺人”に特化するために隠密スキルを身に付けたとはいえ、金銭を得て生計を建てるためにギルドでの依頼をスムーズにこなし日常生活でも上手く転用していて、読んでいて非常に面白かったです。単純に“筋力”や“魔力”などといったパワープレイで障壁を破っていくスタイルとは違い、“隠密”のメリットを活かして物事を遂行していく展開は程よく『敵に気がつかれたらアウト』という緊張感が生まれるので読み応えがありました。

序盤は主人公の“隠密”に関連する能力がハイスペック過ぎて、貴族の館にスムーズに忍び込み、警戒心の強いレアモンスターを接近戦で討伐して資金を稼ぎ、数百体を統率する大型モンスターをピンポイントで討伐して群れを瓦解させるので物語がサクサク進んでいきます。しかし、ラストに登場する異世界の騎士団長というのがかなりの強者。これまで無類の強さを発揮していた主人公とも接戦を繰り広げており、異世界転生によってチート級の能力を得た主人公でもってしても相手の強さや状況によっては敗北の可能性も含まれていることから、トントン拍子に成功をおさめてきた主人公でも死ぬことがあることをハッキリと認識させられました。

ギルドの受付嬢をめぐる冒険者との争いを華麗にスルーして着々と好感度を稼ぐ光景や表紙を飾るご令嬢との出会いと窮地から颯爽と救出する展開など、女性キャラの魅力を引き立てるラブコメもちょいちょい盛り込まれていてどのキャラクターも素晴らしかったです。現段階において、主人公の情事に関する発言から正妻が誰かを明言されていてそれはそれで良いけれど、その他ヒロインによる修羅場も大歓迎なので期待して待機してます。



察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)