働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

三角の距離は限りないゼロ

三角の距離は限りないゼロ (電撃文庫)

《あらすじ》
人前でどうしても「偽りの自分」を演じてしまう僕。そんな僕が恋に落ちた相手は、どんなときも自分を貫く物静かな転校生、水瀬秋玻だった。けれど、彼女の中にはもう一人―優しくて、どこか抜けた少女、水瀬春珂がいた。「一人」の中にいる「二人」…多重人格の「秋玻」と「春珂」。僕は春珂が秋玻を演じる学校生活がうまく行くように手を貸す代わりに、秋玻への恋を応援してもらうようになる。そうして始まった僕と「彼女たち」の不思議で歪な三角関係は、けれど僕が彼女たちの秘密を知るにつれて、奇妙にねじれていき―不確かな僕らの距離はどこまでも限りなく、ゼロに近づいていく。これは僕と彼女と彼女が紡ぐ、三角関係恋物語

前作の『読者と主人公と二人のこれから』と同じコンビで、今度は二重人格のヒロインを相手に三角関係の恋愛を描くのか……。
もうひとつの人格が芽生える背景としては、往々にして“本人が苦痛から逃れるため”という事情があるのであって、原因が解決されればおのずと人格がひとつに統合されるもの。そして、人格が統合されるということは、どちらか一方が消えていなくなることと同義。

二重人格を抱えるヒロインに恋に落ちた瞬間から、いずれぶつかるであろう課題が鮮明にイメージできてしまうテーマの作品なので、物語が進行してキャラクターの良さがドンドン引き出されていくのに比例して、避けて通れない課題が頭のなかをよぎってしまって切なさも急速に跳ね上がる。文学少女タイプの秋玻も活発で天真爛漫な春珂も、主人公との何気ないやり取りから休日のひと時を一緒に過ごしている姿からも青春を謳歌していて良いキャラクターでした。

Hitenさんの等身大のキャラクターの容姿と色使いで描くイラストは自分の好みに凄く刺さるし、作品の雰囲気とも自然に馴染んでいて素晴らしかったです。個人的には今イチバンお気に入りのイラストレーターです。

恋愛ものとしては傑作だと太鼓判を押せますし、前作の『読者と主人公と二人のこれから』が好きな人にはぴったりのおすすめの作品です。

三角の距離は限りないゼロ (電撃文庫)

三角の距離は限りないゼロ (電撃文庫)