働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す2

英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
ラウムにて始まった魔術学院での学園生活。ニコル(レイド)は、幼女達と一緒に買い食いや身体測定に勤しんでいた。しかし、体育の授業で気絶するなど、虚弱体質が足を引っ張ってしまう。そんな中、虚弱体質の解決法が「女王華の蜜を飲み」そして「魔力を口から誰かの体内に移すこと」だと分かり!?解決を目指すニコル達だったが、賊による妨害、そしてクラスメイトの誘拐事件が発生し―奪われたものを取り返すため、元最強暗殺者(現美幼女)は遂にその本領を発揮する―!!「殺し屋だよ。悪いが返してもらう、色々とな」元英雄が送る美“幼女”転生ファンタジー、激動の第2幕!!

TSのおかげで合法的に女性同士の口移し(医療行為)がお披露目されていて、ニコルの虚弱体質を改善する行為のお相手として転生前の意中の人が名乗りを上げたとなったらもう……
ニコル(レイド)の掲げるひとつの目標に生前の姿を疑似的に取り戻す魔法の修得があることから、『レイドが再びよみがえることができたら……』という未来を連想させ、コルティナのレイドへの想いを遂げさせる可能性を残してくれて、この作品を読み続けるための活動力にもつながる。

もっとも、前提として読み続けたくなる魅力がなければだけれど、『六英雄のひとりが転生して英雄の娘として生まれ変わる』ことで、転生前の暗殺者の技量と英雄の娘として生まれ変わり天性の素質が備わった超ハイブリッド主人公という要素はかなり前衛的で面白いです。
見た目は女の子、中身は成人男性。同級生の裸体はまだまだ幼児体型で守備範囲外になりそうだけれど、コルティナやマリアのようなキャラクターがいると自然な流れでラキスケ展開まで持ち込めるのも強み。

書籍版の構成に言及させてもらうと、冒頭から『魔術学園への入学』から始めるのはニコルの目線で描く物語として流れを掴みやすくはあるけれど、個人的な欲望としてはキャラクターへの注釈とあらすじを少しいれてほしかったです。真っ先に登場した従者のフィニアはキャラクター情報を引き出すエピソードやワードが弱く、冒頭から蹴躓いてしまいました。ミシェルが保有する能力を秘匿している現状も少しおざなりになっている印象で読んでいて一瞬疑問符が浮かびました。

現段階ではマクスウェルがレイドの復活の兆しを察知し始めたり、ニコルが着々と実力をつけ始めたりで続きが気になる作品。今注目している作品でもあるので新刊が楽しみです。