働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

だからオカズは選べない2

だからオカズは選べない2 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
つくば家庭料理学園―。料理の魂を宿した“主食男子”と“オカズ女子”が学ぶ、料理のための学園である。夏の臨海学校を前に、真白悟飯は清楚な“肉じゃが”お姉さん・糸牛煮芋と、その幼馴染で鬼怖いヤンキー・碓田焼と出会う。碓田から「俺にモテ方を教えてくれ!」と頼まれ戸惑う真白。どうやら碓田の意中の相手は…。全学年合同の一大臨海学校で、真白は不良先輩をプロデュース!食い合わせの壁を越えられるか!?さらに真白は“実在しない料理”の魂を持つ少女や、大人になってもなお料理の魂に縛られる元・オカズ女子に出会い、料理の魂の謎に触れる…。ちょっとスパイス効いてます!学園お料理ラブコメ第二弾、一丁上がりィ!!

白米と肉じゃがは別個の料理として完結しているので、どちらかと言えば相性は微妙なのではとか無粋なことは言わず、日本人は中華丼にしたりシチューとご飯を一緒にしたり何でもご飯にあわせるから肉じゃが+白米も究極的にはイケそうと思えるくらい広い心で読もう。

講談社ラノベ文庫の受賞作第2弾。
正直に言えば1巻のときはかなり独創的で『料理の魂を宿した学生が集う学園ラブコメ』を前面に押し出し、“真白悟飯”、“赤鮭栞”、“薑猪子”、“麺条味噌”のキャラクターのネーミングもストレートでネタとしての掴みは完璧でした。それだけに、2巻ではどうしてもフレッシュさを失い料理ネタに縛られた世界観でどこまで面白さを引き出せるかが課題でしたけど、素直に料理ネタがツボに刺さって面白かったです。
個人的には『カップ焼きそばと焼きそばは全く別な料理だから!』『だってカップ焼きそばは焼かれてないじゃん!』が衝撃的でした。二十と数年生きてきましたが初めて気がつかされました。カップ焼きそばはお湯で調理だから焼かないです。

最近はざるそばが可愛くて女の子になったり、主人公が異世界転生したりする作品も存在するくらいライトノベル業界はカオスで強烈に印象に残る作品群の一角におさまる作品なので、興味のある人は読んでみてください


だからオカズは選べない2 (講談社ラノベ文庫)

だからオカズは選べない2 (講談社ラノベ文庫)

ざるそば(かわいい) (MF文庫J)

ざるそば(かわいい) (MF文庫J)