働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ……

陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ…… (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
俺は九条静紀。休み時間は机で寝たふり、昼は常にボッチ飯。友人いない歴=人生。要は陰キャラだ。俺の名誉のために言っておくが、この状態は嫌いじゃない、いやマジで。…が「あたしは―春日陽奈は、ずっと前から静紀くんのことが好きでした!」学校一の陽キャラ女に告白された!?でもアレだ、陽キャって怖い。願わくば恋人も静かな女子を、などと考え丁重に断ったら…「な、ならっあたしを静紀くんの理想の女の子に変えて!」と食い下がる春日に根負けして、俺の陰キャ生活を教えることに。「ねぇ、一緒にボッチ飯しよ!」おい、なんだその不思議状況は。あぁ…俺の静かな青春、どこいった?

f:id:murabito1104:20180722022144p:plain
f:id:murabito1104:20180722022426p:plain
2巻の刊行予定も決定済み!
陽キャラでクラスのトップカーストに位置する春日陽菜が大好きな主人公の理想の彼女になるために猛烈なアピールで攻め立てる。思考を放棄して「将来の夢はお嫁さん」を自称する天真爛漫なヒロインが大好きアピールする日常を満喫できる青春ラブコメ

春日陽菜との出会いを皮切りにボッチ歴の長い主人公へのアプローチが開始され、陰キャラには苦痛でしかないデートコースを体験させられ、公衆の面前で交際数日でキスをされ、主人公宅でナチュラルにベットを共にし、清純派と天然ビッチを兼ね備えたとんでもないヒロインでした。大好き過ぎて行為に全くためらいがないところが否応なく主人公の心を揺さぶることになっていて、交際して間もないとは思えないべたべたぶりでした。

主人公が主張する陰キャラとしての生き方と春日陽菜との交際によって生じる軋轢や矛盾と真剣に向き合うシーンでは、これまでの平穏な日常から一転した空気が感じられ、しっかりと春日陽菜に自分の意見を主張していてカッコよかったです。
もっとも、この主人公序盤から「あれ? こいつの心根揺れすぎじゃない?」と思える場面は多々ありましたし、春日陽菜に関しては陰キャラコミュ障を陽キャラグループに連れて行くというトラウマ必至の暴挙に出ようとして引きそうになったりなど、ツッコミを入れたいところが多数あります。最終的にはピンク髪=ビッチの代名詞が印象的なメインヒロイン・春日陽菜が健気すぎて癒されたのでオールオッケーです。
個人的にはルックス、性格面でサブヒロインに降格した黒髪美少女の秋月咲夜が一番好きなので、ここからの主人公ネトラレ&メインヒロイン交代展開も全然オッケーです。2巻ではどうなるのか来たいです。

陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ…… (ファンタジア文庫)

陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ…… (ファンタジア文庫)