働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

生徒会の周年 碧陽学園生徒会黙示録9

生徒会の周年 碧陽学園生徒会黙示録9 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
私立碧陽学園生徒会―そこは美少女メンバー四人が集う楽園だが、気づけば十周年。何で会長たちは年を取らないんだろう…なーんて野暮なツッコミは禁則事項ですっ!こいつはめでたいぜワッショイワッショイっていう感じで戻ってきました「生徒会の一存」!担当編集のパソコンの奥深くに眠っていた文庫未収録の超レア短編に加え、ちょっぴり大人になった生徒会メンバーが集まるファン垂涎の書き下ろし作も掲載のお祭り本の登場だ!!日々くり広げられる、ゆるすぎる会話。日々費やされる、青すぎる青春。再びいざ行かん少年少女よ、妄想という名の大海原を!

思い入れの深い名作なので完結を迎えて数年の時を超えても、いまだに「このキャラクターはこういう風に動くだろうな……」といった風に、キャラクター像が明確に浮かび上がってきます。
新旧生徒会が一堂に会する夢の共演もあり、なんやかんやで杉崎ハーレムも形成されているなかで微妙に修羅場になっているところが微笑ましくて癒されます。特に新生徒会メンバーのアクの強さは突き抜けていて、火神北斗という史上稀にみるヤンデレヒロインがハーレムに加わったことでより修羅場に拍車をかけてきてます。美少女たちによる平和的ハーレムが構築が幸せそうで何よりです。

旧生徒会のメンバーのうち大学に進学した桜野くりむ&紅葉知弦、他校に転校した椎名深夏&椎名真冬と生徒会室で再会する機会を設けた短編は一番感慨深かったです。本編での卒業後の描写は音声通話くらいでしか登場の機会がなかったように記憶しています。それだけに全員が再会して思い出話で会話が弾んでいる光景はファンにとっては最高に嬉しいシチュエーション。
全員の私服姿と微妙に髪型を変えている姿をイラストにしてくれた狗神煌さんには最大の感謝。会長さんが一番可愛かったです。