働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

特殊性癖教室へようこそ2

特殊性癖教室へようこそ2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「出来る限り全ての生徒に対して、家庭訪問を行ってください」学級委員長・恭野文香から伝えられた今回の宿題―その中でも胡桃沢朝日の家はヤバかった。ビ●チを超えた未知との遭遇。圧倒されてしまう伊藤。そんな中、朝日は不出来につき、転校させると告げられ…!?大物議の末、1巻が重版に至った超問題作。過激でHな性癖エロコメディ第2巻!!

特殊性癖教室の生徒・胡桃沢朝日の家族が相当にヤバかった件。高度に発達した特殊性癖は異能バトルとなりテクノブレイクをも実現させるポテンシャルを秘めていました。即ハメ即セックスを家訓にする胡桃沢ファミリー恐るべし!!
前述のとおり、担任の伊藤が受け持つ生徒の一人である胡桃沢家への家庭訪問の際の一連の騒動を描いた物語になっていました。1巻の流れから察するに、2巻でも怒涛の勢いで生徒たちの特殊性癖をコンプリートさせるのかと思ったけれど、兼ねてからスポットを当てていた胡桃沢をフォーカスさせる展開に持っていくとは予想外でした。
しかしよくよく考えてみると、比較的に常識人の共野やドMの伏黒と同じく胡桃沢は(登場回数的な意味での)露出頻度が多いイメージがあったので、伊藤先生の周囲を固めるサブキャラクターなポジションとして考えればしっくり来ますね。
もっとも、この先往年の学園ドラマの如く生徒一人一人の家庭環境や素行を深く掘り下げていくことになったら、超ロングセラー特殊性癖エロコメディという化け物作品を爆誕させることになるので現実的ではないかなぁ。

犯罪は明るみにならなければ犯罪にならない。教室で生徒に鞭を打ちつけてドMに快楽を与えようが、女子生徒のパンツを奪って装備しようが通報されなければ牢獄にぶち込まれない。こんなカオスな世界は『のうコメ』や『パンツあたためますか』や『イックーさん』を世に送り出した角川スニーカー文庫ならではの変態ホイホイ。類は友を呼ぶの出変態作家の集まるところには変態作家が集まる因果なので、これからもドンドンアクの強い作品でラノベ界隈で存在感を放っていてほしいですね。

特殊性癖教室へようこそ2 (角川スニーカー文庫)

特殊性癖教室へようこそ2 (角川スニーカー文庫)