働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 2

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 2 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
辺境の村を大量の魔物が襲う! 「隠密」で単独潜入した少年は、ダンジョンの暴走を止めて村を守れるのか! ?
国の策謀からラヴィアを救出し、王都に戻ってきたヒカル達。ヒカルはアリバイを作り、ラヴィアは変装して更に「気配遮断」を使うことで二人は「伯爵令嬢の失踪事件」の疑いから逃れていた。これまで閉じ込められていたラヴィアは見るものすべてに感動して、街の中を大はしゃぎで観光し、ゆったりと過ごしていた。そんな折、一人の男が大慌てで冒険者ギルドに駆け込んできた。「惑わせの森」と呼ばれるダンジョンが暴走し、大量の魔物があふれだして村が壊滅の危機にあるという。一刻も早く兵を向かわせてほしいと訴えるが、そこは辺境の小さな村。国が取った対応は「放置」という残酷なものだった。奇しくもその村・メンエルカはポーラ達の故郷。国の対応に憤ったポーラ達は、救援のために故郷へ向かうのだが――。

ヒカルの活躍により救出された伯爵令嬢ラヴィア。彼女の好意はヒカルからのどんな指示であっても従うという意思表明からもハッキリと伺えます。要するに『なんでも言うことを聞いてくれる』最強のヒロインです。ポーンドを拠点に活動をするヒカルと寝食を共にして、夜の営みもそれなりの頻度で行っているらしいです。もちろん、ラヴィアとするときの避妊も抜かりはなく、ファンタジー世界の文明の利器は精子の運動能力を抑制する不思議な力を放つ石があるとのこと。変な部分でファンタジー観を掘り下げてきてますねw
レーベル的にエロ描写がどこまでオーケーなのかわかりませんが、ヒカルに悲惨な運命から救ってもらい真の意味で『なんでも言うことを聞いてくれる』ヒロインはあまり例を見た記憶がないので、超個人的にエロ描写増し増しで書籍化してほしいです。Web版がどうなっているかは知りませんがね!!

位階を自由に操作できるヒカルの能力により現在失踪中扱いのラヴィアに対して【知覚遮断】のステータスを割り振ることで、滞りなく平穏な日常が送られている二人の新生活。ヒカルと常に行動を共にするラヴィアが時おり、他の女性冒険者と仲睦まじいやり取りをする目撃するたびに不安と嫉妬に駆られる姿がメッチャ可愛い。伯爵令嬢の身分もなくなり、ヒカルと運命を共にする以外に道がないだけに、他の女性冒険者に気持ちが移って見捨てられる可能性を危惧して、上書きするかの如く愛情表現に勤しむラヴィアが天使。

メンエルカを襲った危機に対して国がとった対応からは、国の中枢に危機が迫っている現状も伺えるが騒動の火種がくすぶっている段階で、今後どのような展開に進んでいくのかはまだまだ不透明ですね。ヒカル以外にも、異世界から来た冒険者が存在することがわかったことについては非常に大きな進展ではあるが、本格的な始動はまだまだ先の様子。
シリーズもまだまだ序盤ですが、今後はどんな展開になるのかとても楽しみな作品です。

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 2 (ヒーロー文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 2 (ヒーロー文庫)