働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 5

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 5 (ファミ通文庫)

《あらすじ》
ルームシェアから始まる学園ラブ・コメディ、完結。
年末年始をそれぞれの家で過ごした弓月恭嗣と佐伯さん。そうして三学期を迎えたふたりは、宝龍さんが関係改善の動きを見せたり、佐伯さんの友達芳木燿が家に泊まりにきたりと、慌ただしくも楽しい日々を送っていた。そんな中、ふたりの前に現れた紅瀬家の執事と名乗る男から「貴理華様を紅瀬の家にお迎えしたい」と告げられ…。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、ついに完結。

最初は偶然のルームシェアから始まった二人の関係も、徐々に距離が縮まり恋人となり、高校卒業後の進路を分かち合うまでの関係に。いつしか、二人が同じ空間にいるのが当たり前となり、ふとした瞬間にどちらかがいなくなると、恋人の存在価値を再認識する。
学園ラブコメにおいての親しい人物に対する喪失感こそ、最高のテンプレートだと思っています。普段の佐伯さんとの会話から感情をあまり表に出さないキャラクターが窮地に立たされたとき、いざというときは感情をストレートにぶつけてきてズバッと決める展開。今回で言うところの、佐伯ファミリー&弓月が一堂に会する場面は、これまでの佐伯&弓月の関係性の集大成が詰まっていて、一番感動する場面でもありました。

とうとう完結してしまいましたが、実に心温まる学園ラブコメでした。
高校生という多感な時期に同級生に隠れてルームシェアをして、なおかつ佐伯さんの父親公認の清く正しい交際をしている学園ラブコメという構図。
クラスメイトにバレないようにしている背徳感と高校生らしい清い関係という縛りがあるのに、とびきりの美少女とひとつ屋根の下でルームシェアという環境で常に自制心を試される。件の佐伯さんは妙にえっちぃ攻撃力の高いアプローチを仕掛けてくるわりに、主導権を握って弓月が攻勢に回ると途端に弱くなる。
なにこの学園ラブコメ。主人公の自制心修行僧なの? と思うこともあったけど、最終的にハッピーエンドで無事に結ばれているのを見ると、普通に男の子だったんだなと思えてきます。

最後に、素晴らしい学園ラブコメをありがとうございました。
イラストレーターのフライさん。気が付いたら担当作品を見かける機会も多くなり、青春もの・ラブコメ=フライさんのイメージになってきました。これからもイラストを担当するライトノベルを楽しみにしてます。