働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 萌香の初体験ルート

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 萌香の初体験ルート (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「私、一真くんのために最高のゲームを作るわ!」エロゲヒロインに染まる優等生な俺の彼女、水崎萌香が同人ゲーム作りに興味津々!萌香を応援する俺だったけど…「じゃあ、四ノ宮さん。モデルとしてまずは脱ぎましょう!」「ふぇ?ちょ、ちょっと、いま一真も見てるから!」制作中にやっぱり萌香は大暴走!しかも俺を巡って美少女レイヤーと対決したり、修羅場で一緒にお泊り&まさかの朝チュン初体験…って、単なるゲーム作りが過激な展開に!?瑠璃や結奈など他のヒロインと初体験するなら?というifな書き下ろし短編も収録の「非オタの彼女」シリーズ特別編登場!

非オタの彼女、シリーズ初の短編集。同人ゲームを作成するまでの過程よりも、“みんなでひとつの作品を作り上げる”までのドラマ性に重きを置いた物語になっていて、創作に関する描写は比較的に少な目。その分、幼馴染みの瑠璃はイラストのためのモデルに駆られたり、萌香の妹の涼香はスランプ脱出のための合宿と称して一真の自宅に上がり込み(※ネトラレではありません)、ラブコメ作品らしく年頃の女性キャラにしては健全な男子高校生の理性を刺激するエロ展開が満載でした。
地味に創作活動に対して造詣の深いキャラクターがうまく配置されていた気がしますが、本当に都合が良かったですねぇー。メンバー選びと役職決めはかなりとんとん拍子に決まりましたよ。

なんやかんやありまして、短編集では同人ゲームを作ろう→美少女レイヤーと同人ゲームの売り上げ対決までの一連の騒動を連作短編で収載した作品でした。そのために各話ごとの冒頭の入り方にやや唐突な感じはありましたがそれほど気にならない範疇でしたね。サブキャラクターに焦点を当てる場面も多くどうしても主役の一真と萌香の出番が少なくなってしまいましたが、普段では見られないサブキャラクターたちの一面を垣間見ることができてとても面白かったです。
次回の本編新刊も非常に楽しみです。期待してます。