働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アサシンズプライド8 暗殺教師と幻月革命

アサシンズプライド8 暗殺教師と幻月革命 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「このまま世界が…先生とわたしのふたりきりになってしまえばいいのに…」その日、フランドールに激震が走った。王爵セルジュが、突如としてランカンスロープとの融和という革命を宣言。都市に公然と姿を現す夜界の住人・ワーウルフ族に、人々は恐れ戦く。しかし希望は残されていた。ひとの姿をした光―メリダ=アンジェルが革命を止めると記された予言書が見つかったのだ。それゆえワーウルフ族から狙われることになるメリダとクーファ。闇に沈みゆく街を密やかに逃避行する中で、過酷な運命に押しつぶされぬよう、暗殺教師は少女を抱きしめるが―。

教師と教え子の関係で始まった二人が徐々に男女の関係に……。
騒動の渦中に巻き込まれるメリダを献身的に保護するクーファに対して兼ねてからの好意とワーウルフ族から執拗に追い回され、命からがらの逃避行をするなかでのつり橋効果による相加効果で、より色気と情欲に乱れた感情の動きが読めて刺激的でした。ファンタジー世界で年の差と身分の違いを踏まえたうえで二人の感情の機微が時と共に育まれているのを感じると、また違った恋愛模様が味わえる。

フランドール全土を巻き込んだランカンスロープとの融和政策。ワーウルフ族が掲げる無血主義により各地で民衆が支配下におかれ、予言のこと称されたメリダが一連の騒動を終結させるカギを握ることに……。
王爵の勅命を盾にメリダとクーファを幾度となく窮地に陥れようとする緊迫した展開は、これまでのシリーズに類を見ない絶望的な局面の連続で手に汗握りました。王爵とワーウルフが事前に張り巡らせた策略も相まってよりどん底感が客観的事実でもって強調されていて絶望感が漂いました。

前後編にまたいでの構成になっており、セルジュの真意は明かされずに前編は幕を閉じたので後編でクーファたちがどのようにして逆転にまでもっていくのかが楽しみです。