働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ナイツ&マジック 9

f:id:murabito1104:20181106010822p:plain

《あらすじ》
ボキューズ大森海での騒乱を終え、銀鳳騎士団は巨人族と共に王都に帰還する。巨人族、そしてエルネスティを襲ったという第一次森伐遠征軍の末裔の存在は、フレメヴィーラ王国にとってまさに寝耳に水。突如もたらされた途方もない話に、もはや既存の価値観は通じず、王国は新たな時代へと踏み出していくことになる。そして銀鳳騎士団にもまた、巣立ちの時が迫っていた。此度の事件で銀鳳騎士団の影響力を重く見た国王リオタムスは、エドガー、ディートリヒ、ヘルヴィらが率いる各中隊を新たな騎士団として独立させるよう告げる。エルネスティの下に残る者、騎士団長としての道へ踏み出す者、新たに入団を目指す者―それぞれの想いを受けて銀鳳騎士団は形を変え、新たな飛翔の時が訪れる。

アディが花嫁衣裳からお察し。ボギューズ大森海での偽装結婚にかこつけてガチの結婚。これまでの数々の功績により歴史的に例を見ない特殊な立ち位置にあるエルネスティをはじめとした銀凰騎士団の面々。エルネスティとアディの結婚式においては、一般人同士の結婚式として格別の国が総出をあげての豪快なものになっていて凄まじいものでした。
つい先日まで、アニメではベヘモスの撃退やジャロウデク軍との一戦などの功績も記憶に新しくはあるけれど、これらすべてを一個人が成し遂げてきたと考えるとフレメヴィーラ王国を取り仕切る国王陛下に至っては悩みの種にもなりそうですね。キチ〇イ染みた幻晶騎士愛が招いた結果だとしても、エルネスティの功績は凄まじいです。

ボギュース大森海からの帰還と彼の結婚式を無事に終わらせた後は、いつも通り銀凰騎士団が抱える工房で新型幻晶騎士の開発と既存機の改良の日々。革新的な開発を続けるエルネスティのもとに国機研から何人か技術を学びに異動して来て、日々、驚愕と混乱に晒されて働く姿はかつての親方たちを彷彿とさせて面白かったです。
アニメ化を経た作品は初期の頃とのギャップを改めて実感させてくれることが多々あるので新鮮味があって良いです。

ナイツ&マジックをまだお読みでない方はアニメ、マンガも含め、大変すばらしいなろう書籍なので是非とも読んでみてください。