働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ストライク・ザ・ブラッド19 終わらない夜の宴

ストライク・ザ・ブラッド19 終わらない夜の宴 (電撃文庫)

《あらすじ》
アルディギアでの騒動を終えて、絃神島へと帰還した古城たち。だが、彼らが不在だった数日間に、島内の様子は激変していた。人工島管理公社が乗っ取られ、領地を奪い合う魔族同士の争いが絃神島全土で始まっていたのだ。領主戦争―それは第四真祖の名を騙る吸血王が仕組んだ、絃神島の支配権を賭けたゲームだった。正体を隠し続けていたせいで、本物の第四真祖だと名乗り出ることができない古城には、領主戦争を止められない。かくして古城は領主の座を巡る争いに、否応なく巻きこまれていくことになる。それこそが吸血王の真の目的だと知らぬままに―!世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第十九弾!

常夏の人工島“絃神島”を舞台にして暁古城たちが繰り広げる戦いを描いた作品は、手を変え品を変えで古参のキャラクターたちと新規キャラが物語に自然に登場してきて、毎度毎度フレッシュな感覚で作品を楽しませてくれます。
その他にも、シリーズ最初期から登場している藍羽浅葱は天才的な腕を持つプログラマーとして“電子の女帝”の異名を持つなか、常軌を逸するプログラマーとしての能力は「カインの巫女」の能力の一端であり、後々その能力が戦局を変える切り札として用いられたりなど、古参のキャラクターたちのなかの謎めいた部分が実は意外な事実が隠されていたりします。
そして、まだ見ぬ一面が明らかになるたびに歓喜に震えます。矢瀬基樹もシリーズ最初期は第四真祖の真の監視者のポジションでしたが、今回の騒動に関しても古城サイドに付いていて、改めて懐古の念にかられます。絃神島の支配権を賭けたゲームでは江口結瞳や香管谷雫梨・カスティエラなども大きく関わってきていて、自分の“ストライク・ザ・ブラッド”という作品に対しての詳細な記憶容量は少ないけれど、香管谷雫梨・カスティエラだけは暁古城ハーレムの要因としてちゃんと認識しているので、しっかりと楽しませて頂きました。

最後に、暁古城と叶瀬夏音がラブホテルに訪れた際の領収書が獅子王機関あてになっていた件は絶対にオチに使われると思います。