働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2 (GA文庫)

《あらすじ》
「ゴブリンか?」「残念ながら、不幸にして、幸いなことに、まさしくその通り!」ゴブリンスレイヤーと呼ばれはじめた青年は、ゴブリンの群を皆殺しにした時に、不思議な灯の輝く指輪を見つける。その鑑定に紹介されたのが街外れに住む偏屈な魔術師―孤電の術士だった。彼女はギルドから依頼されている怪物辞典の改稿の仕事の手伝いをゴブリンスレイヤーに頼む。その担当する項目は―、「ゴブリンについてか」孤電の術士とともにゴブリンのことを調査するゴブリンスレイヤーは世界の果て―暗黒の塔へと辿り着く…。蝸牛くも×足立慎吾が贈る外伝「イヤーワン」第2弾!

これは、ゴブリンスレイヤーが本編で登場する見習い神官たちに出会う前の物語である。

彼が冒険者たちの間で“ゴブリンスレイヤー”と称され始めた頃。ゴブリンの生態や殺し方に試行錯誤を繰り返し、やがては銀等級の冒険者に上り詰める。ただ、ひたすらにゴブリンを狩り続けることが周囲にどれだけ奇異の目に晒されるのか。ギルドの受付嬢や牛飼い娘たちの慮っての心境も通して改めてゴブリンスレイヤーの軌跡を読むと、彼がいかにして本編に至るまで洗練されていき、現在のような人間関係を構築したのかがうかがえます。
もっとも、本編でもゴブリン狩り外伝でも変わらずゴブリン狩り。エルフの言う冒険者らしい冒険なんてものはほとんどなく、今も昔も変わらない行動原理なのは全くぶれがなかったです。

他にも、槍使いと魔法使いのパーティーについて。この二人の組み合わせが生まれたシーンも外伝2巻で描かれていました。
なるほど、近接戦闘に特化した槍使いは専門外の魔術に対してその道に通じた冒険者とパーティーを組むことで解決にいたったわけですか。
初心者冒険者たちがゴブリンにあっけなく殺されるくらい人間の命はひょんなことがきっかけで失われる世界。血気盛んな槍使いが堅実な歩みを見せるシーンと魔法使いとの出会いのきっかけがこのような形だったとは。

本編では語られないゴブリンスレイヤーたちの意外な過去が楽しめる外伝でした。次回、本編のほうもとても楽しみです。