働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 3

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 3 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
呪われし種族の少女を救え! 隠密の少年が「選王武会」に出場!? 衆人環境で戦うための秘策とは?
火龍が国王の退位を迫ったことで、ポーンソニア王国は混乱の最中にあった。そんな中、ジルアーテという冒険者の少女が王命で捕らわれてしまう。ジルアーテはポーンソニア王国の南に広がる自治区「中央連合アインビスト」の先代盟主の娘だった。アインビストでは多数の種族が集まって同盟体制を築いており、「選王武会」で優勝した者を盟主として任命し、自治を行っているという。
中でもジルアーテは竜人族という特別な種族であり、アインビストに集まる種族の中でも忌み嫌われている不遇の立場だった。フレアからそのことを聞いたヒカルは、竜人族という種族に興味を抱き、
ジルアーテに会いに行くことにするのだが――。

突出した隠密スキルを持ち剣聖を打倒する強さと希少なモンスターを狩って稼ぐ経済力もあり豪華なホテルに宿泊し、ラヴィアと親密な関係を築き上げて清々しいくらいに人生を謳歌していやがる。
死の淵に立つラヴィアを牢獄から救い上げるなど、“ヒカル”という名に恥じない善行を異世界で積み上げていきラヴィアからの心象も『身も心も全てをささげる』覚悟を決めるほどのもので、そこに至るまでの数々のドラマを丁寧な物語を通して楽しませてもらったので、3巻のなかで度々仲睦まじく日常のワンシーンを満喫している光景にほっこりします。
個人的な好みで頭のリボンは知能レベルが低く映るので外して欲しい感がありますが……

さて、火龍が国王の退位を迫った一連の出来事に関して、新刊が出るまでの期間で記憶が薄れてしまったために一瞬記憶が薄れていたのですが、そういえば龍と戦うのにヒカルが隠密スキルを駆使したりラヴィアが東方四星と接触したのが2巻のラストでしたね。
その騒動により竜人族の少女ジルアーテとヒカルが繋がることになるのですが、ソウルボードを自由にできる能力やラヴィアと行動を共にしている状況などなど他人には口外できない秘密を抱えていることから、かなり立ち回りが制限されてました。もっとも、ソウルボードでラヴィアに隠密関連のスキルに振り、ヒカルの集団遮断のスキルと併用して人目を憚ることなく街中に繰り出していたりするけれど、改めて第三者のジルアーテの登場によりラヴィアの置かれている境遇を再認識でいました。1巻で国王の命で地下牢に幽閉されて殺される寸前でしたねラヴィアちゃん。

竜人族と火龍の関係、ヒカルと同様に異世界に転生したであろう東方四星のメンバー、まだまだ明らかでない伏線も複数あり、ラヴィアとポーラを引き連れたヒカルの冒険が今後どのようなものになるのかがとても気になります。新刊が楽しみです。