働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ハーレム・スコードロン ops.02

ハーレム・スコードロン ops.02 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
航空技術が高度に発達した世界。ACTSのパイロット・京塚結人は、テロ撃退が評価され、米国空軍学校との模擬戦の隊長に選ばれる。やる気満々な結人の行き先は―奄美大島!?合宿にて、模擬戦に向けてチームワーク強化に臨むことになったACTSのメンバー。ところが「…裸のほうがいい?」「もっと強くいくよ。ぎゅー」空ではなく海で舞い上がる沙羅や呉羽。挙げ句の果てにエースの奈雲まで―「ゆ…ユイきゅんしゅきしゅき~!」訓練そっちのけで結人に迫る有様で!?恋の火花が散るなか、奄美上空に機影が迫る。それは、世界に一つしか存在しないはずの最強機体“ラミアー”だった―。

2巻で幼馴染みの奈雲がぶっ壊れて恋愛脳に侵された……。航空パイロットたちが機体を操って空戦を繰り広げる戦闘シーンとラブコメ色が好みでしたが、奈雲の結人に向ける好意や結婚祈願を知ることになり、客観的にもヒロイン間でハーレム路線の横一線の関係性から頭一つ抜き出た状態になってしまいました。まさか、こんなに早く幼馴染み一強にさせるとは思いませんでした。
それからというもの奈雲の公私混同ぶりは凄まじいもので、周囲のパイロットたちの目も気にせずに大胆なアプローチとなってました。正直、今後の展開を模索するうえでここまでヒロイン間で明確な差を作ってしまうと、どうハーレム展開を楽しんだらいいかわからなくなります。もっとも、続巻があればですけど。

航空パイロットと航空技術が高度に発達した世界を感じさせる要素もイマイチピンとこないし、件の世界に一つしか存在しないはずの最強機体“ラミアー”にまつわる騒動も予想通りの展開としか思えず期待外れでした。1巻は結構好感触だったのですが……
3巻はおそらく買わないです。
イラストレーターの“へいろー”さんといえばGA文庫の『最強喰いのダークヒーロー』ですけど、あっちの新刊は出ないんですかね。