働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ロクでなし魔術講師と追想日誌4

ロクでなし魔術講師と追想日誌4 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
ホームレス学院生・リイエルの波乱万丈な日常とは!?―『とある少女の素行調査』。グレンに金髪美少女な隠し子発覚!?―『嵐の幼天使』。医務室の女神、学院きっての法医術のエキスパートが登場!―『病弱女神セシリアさん』。今日もまた、ロクでなしが洞窟探索の授業を利用して丸儲け!?―『狂王の試練』。新キャラクターも加わり、人気キャラクターたちの驚愕なエピソードが明らかに!?そして―「大丈夫だよ。僕は絶対に、アルベルト=フレイザーみたいにはならない」遠い未来。伝説となって残る復讐に生きた男・アルベルト=フレイザー。その想いを継いだ少年の、時代を超えた物語―。

ロクでなし魔術行使の短編集は最高ですね!
まず表紙のルミアと幼女化したセリカのカラーイラスト。ルミアはシリーズを通してマジ天使ヒロインで正妻。幼女化したセリカを間に挟んで「夫婦かよ!?」とツッコミを待ちをしているのかな?
本気にこのイラストだけで額縁に飾って保管しておきたいくらいに価値のある1枚ですね。

短編集のなかで特に印象深いエピソードは一番最初。リイエルの『とある少女の素行調査』。この字面の既視感はスルーします。
リイエルの低スペック頭脳と突拍子もなく予測不能な行動をするキャラクターは扱いにくそうでもあるけれど、かなり短編集向きのポジションですね。独特の価値観を起点にした思考回路を持ち、親交の深いルミアとシスティーナですらリイエルのパーソナルな部分はまだまだわからないことだらけ。
特務分室のエリート魔術師がまさかのホームレス学院生の事実が打ち明けられる物語の幕開けから、「リイエルならわからなくもない状況」を自然と印象付けられるキャラクター性でもあり、その実態をひとつひとつひも解いていくとよりリイエルという人物を深く知ることができる面白い内容でした。