働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

宮本サクラが可愛いだけの小説。

宮本サクラが可愛いだけの小説。 (MF文庫J)

《あらすじ》
とにかく可愛い幼なじみと織りなすイチャイチャラブストーリー、開幕!
宮本サクラは可愛い。なぜって、
理由1 見た目が可愛い
理由2 表情がころころ変わって可愛い
理由3 おだてられるとすぐ調子に乗って可愛い
理由4 小さい頃の結婚の約束を今も覚えていて可愛い
理由5 こっそり胸も大きい
……ほらこれだけ揃って可愛くないわけがない。
つまりこれは、彼女を愛でるために存在する、この世で最も純粋な小説なんだ。
ちなみに僕は大神ヒカル。
サクラの幼なじみで、北欧神話の大神オーディンの生まれ変わりらしいです。

オーディンの生まれ変わりの大神ヒカル、時の女神の生まれ変わりの大神の3人の美少女たちとの共同生活。
そんなハーレム生活なんて眼中に入らないくらいに、ただただ『宮本サクラが可愛いだけの小説』でした(タイトル回収)。
幼馴染みの距離感をこじらせたヒロインの面倒くさい感じとツンデレ具合と妙に主人公に突っかかってくる感じが全部兼ね備えていて、とにかく可愛い。
主人公以外の目線を遮るために、あえて自分の整った容姿を悪く見せる装飾を施したりもしていてとにかく可愛い。
なんだかんだで好感度MAXで花嫁修業に精力的に取り組んでくれて、同衾してからはエロさも見せてくれる宮本サクラがとにかく可愛い。
幼馴染みが大勝利して全力でイチャイチャするラブストーリー。宮本サクラの今後の可愛さに乞うご期待 !!