働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

支援術師の迷宮探索記 1

支援術師の迷宮探索記 1 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
《勇者》から戦力外通告を受け、冒険者パーティ『勇気あるもの』を追放された支援術師ロイド。
実力不足や“資格の喪失"への自覚から大人しくパーティを去り、冒険者引退を考えるロイドの前に一人の少女が現れる。
「ロイドさんは、わたしを助けてくれたんだ! 」
かつてロイドに救われたという少女サラに乞われ、一時的にパーティを組むことに。
本気で迷宮攻略を目指すサラに眩しさを覚えながらも、冒険者として彼女を導くロイド。
そしてロイドは、自分が喪ったものと向き合っていく……。
これは再起した最弱が最強を導き、世界を救う英雄譚――!!

近接戦闘では小鬼と互角にしか戦えない支援術師ロイド。冒険者パーティーを追放されるにまで至ったトラウマから、新人冒険者サラと出会い再起に至るまでに様々なドラマがあって面白かったです。
支援術師のパーティー内でのポジションが他のメンバーの補助に特化している反面、ソロになるとまともに力が発揮できない側面が顕著に浮き彫りになってくるために、支援術師の存在価値に疑問を抱いてしまいかねない。冒険者の役職は数多くあり、戦う才能に恵まれないロイドが唯一真価を発揮できる支援術師として補助に徹するにまで至るエピソードも丁寧に描かれていて、ファンタジー作品ではあるけれど見栄えのあるバトルシーンよりもヒューマンドラマのほうがかなりフォーカスされていましたね。冒険者をこういう視点から描く展開はちょっと新鮮でした。そもそも、仲間が最前線で攻防を繰り広げているなか、後衛でひたすらに地味な役割に回っていたらメッチャ鬱になりそうです。これがリアルな冒険者人間性ですね。
ロイドが過去と向き合い、最後はトラウマを吹っ切って腐っても最前線のパーティーで活躍してきた経験を活かして緊急クエストに挑む急展開もカッコよかったです。
雨宮和希さんの作品は初めてでしたけどすごく面白かったです。これからの活躍と新刊も楽しみにしたいと思います。