働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 零 3

ありふれた職業で世界最強 零 3 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
海上都市アンディカの事件から数ヶ月。新たな仲間・メイルと共に解放者支部を訪れたミレディ達は、ライセン大峡谷の隠れ家が崩壊したという衝撃の報告を受ける。隠れ家へ急行したミレディ達が、そこで出会ったのは―「俺の名はヴァンドゥル・シュネーだ。チュ」マフラーを巻いた一匹のネズミだった。新たな神代魔法の使い手は言う。仲間になってほしければ“イグドール魔王国”へ向かえと。応じたミレディ達が相対したのは魔王国最強―つまり、魔王で…!?これは“ハジメ”に至る零の系譜。『ありふれた職業で世界最強』外伝、第3巻!

arifureta.com

本編のアニメ化も着々と進行中。ハジメたちのいる世界に至る物語を記した外伝も3巻にまで到達。
大迷宮の名前の由来になった神代魔法の使い手たちが“解放者”として世界各地で活動の幅を広げていき、徐々に勢力を広げていく組織の運営。そして、世界と戦うことを決断した解放者たちのシンボルであるミレディの存在感やウザさMAXの愛くるしさがはじけていて和みますね。
眼鏡が本体と呼ばれるオスカー、幼女から多大な人気を得ているナイズ、海賊団をひきいていてドSなメイル。
現状ではこの4人が解放者たちを支える最高戦力でもあり、ミレディが背中を預けられる信頼のできるメンバーたち。
神代魔法の使い手として絶大な規模の魔法を行使することにより、アーティファクトを量産したり長距離を移動したり、常人では太刀打ちできない戦力ではありますが、やはり本当の強敵に出くわしたときはなかなかに拮抗した戦いを強いられることになりますね。
ピーキーそうな神代魔法も使い方次第では攻防の両方を兼ね備えており、大スケールなファンタジーバトルを繰り広げていて戦闘シーンは相変わらず熱かったです。
それでいて、ミレディたち4人の掛け合いはキャラクターのもつ個性を強調させつつ、ボケとツッコミを適度に入れ替えて会話が盛り上がるところがいつみても面白い。
次回は新たなメンバーも交えてどんな冒険になるのかが楽しみです。